大乱戦をしのぎ切った日向藍子、大物手を炸裂の岡田紗佳が、勝ち上がり決定!!【Mトーナメント2024 予選2ndステージ E卓】

乱戦をしのぎ切った日向藍子

大物手を炸裂の岡田紗佳が、

勝ち上がり決定!!

「Mトーナメント2024 予選2ndステージ E卓」、第1戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。第2戦は岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。この2名が予選2ndステージを勝ち抜いた。

2ndステージE卓の対局者は、鈴木たろう岡田紗佳・仲川翔・日向藍子の4名。

東2局、岡田の親リーチをマンガンツモで潰すことに成功した日向は、連続アガリで点棒を積み上げる。その後は他家同士のアガリをやりすごしてトップ目をキープし、合計5回のアガリをものにした日向がトップを獲得した。

日向はインタビューで、

「(大乱戦については)どっかんバトルって心の中で呼んでました(笑)、すごい激熱でしたね。絶対どっちかトップを取らなきゃっていうルールなので、個人の決勝戦を打ってるくらいの感覚でそのくらい好きにやりましたね」

と語った。

【第1試合結果】
1着 日向藍子 4万800点/+60.8
2着 岡田紗佳 2万5100点/+5.1
3着 仲川翔 2万2100点/▲17.9
4着 鈴木たろう 1万2000点/▲48.0

開局で親の鈴木にリーチ負けを喫した岡田だったが、1本場ですぐさま12000の直撃に成功して反撃開始。南2局には競っていた鈴木からタンヤオ・ドラ1・赤3の親マンガンを直取りして勝負あり。岡田がトップで第2試合をものにした。

岡田はインタビューで、

「1位通過することができて、このあとねF卓に内川さんも出るので、内川さんが1位通過すると私と当たることになるので、1位通過しないでください」

と語った。

【第2試合結果】
1着 岡田紗佳 4万1200点/+61.2
2着 日向藍子 2万3000点/+3.0
3着 鈴木たろう 1万9600点/▲20.4
4着 仲川翔 1万6200点/▲43.8

【Total】
1着 岡田紗佳 +66.3
2着 日向藍子 +63.8
3着 仲川翔 ▲61.7
4着 鈴木たろう ▲68.4

Mトーナメント2024 予選2ndステージ E卓F卓

7月8日(月) 15:00 〜 23:57

詳細情報
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」開催!現Mリーガー36名と、団体推薦者24名の麻雀界のトッププロ雀士計60名による個人トーナメント戦
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」は、現Mリーガー36名と、各団体の最高峰プレイヤー鳳凰位・最高位・雀王など団体推薦者24名の麻雀界のトッププロ雀士計60名による個人トーナメント戦になります。「Mリーグ2023-24」の優勝チーム4名は、予選2ndステージからシードスタートで参戦いたします。本企画の対局ルールは、「Mリーグルール」を採用し、2半荘で、2位勝ち抜けの個人トーナメント戦で行います。

キャスト

【E卓】
日向藍子vs岡田紗佳vs仲川翔vs鈴木たろう
実況:日吉辰哉
解説:浅井堂岐
レポーター:襟川麻衣子
【F卓】
鈴木優vs内川幸太郎vs瀬戸熊直樹vs猿川真寿
実況:日吉辰哉
解説:竹内元太
レポーター:襟川麻衣子
(C) AbemaTV

Mトーナメント2024 予選2ndステージ E卓F卓

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/