混戦を制した瀬戸熊直樹、8000オールの鈴木優がセミファイナルに勝ち上がり!!【Mトーナメント2024 予選2ndステージ F卓】

混戦を制した瀬戸熊直樹、

8000オールの鈴木優が

セミファイナルに

勝ち上がり!!

「Mトーナメント2024 予選2ndステージ F卓」、第1戦は瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。第2戦は鈴木優U-NEXT Pirates)がトップを獲得。この2名が予選2ndステージを勝ち抜いた。

2ndステージF卓の対局者は、鈴木優内川幸太郎瀬戸熊直樹猿川真寿の4名。

東2局の3人テンパイを制して、タンヤオ・ドラ3の2000・4000でリードを奪った瀬戸熊。その後3着目まで着落ちするも、南場の親番でピンフタンヤオ・ドラ1・赤1を一発ツモ。6000オールを決めて一気にトップ奪取となった。

瀬戸熊はインタビューで、

「内川さんの【東】バックの8000を打ってから、ちょっとまだガマンかなと思って展開的にラスを引かないように打とうと思って、チャンス来たら攻めるつもりでいましたけど、はい」

と語った。

【第1試合結果】
1着 瀬戸熊直樹 3万8000点/+58.0
2着 鈴木優 2万6600点/+6.6
3着 内川幸太郎 2万700点/▲19.3
4着 猿川真寿 1万4700点/▲45.3

第2試合は鈴木が東4局に大物手を成就させる。ピンフ・高めタンヤオ・高めサンショク・ドラ1・赤2の【1ソウ】【4ソウ】待ちテンパイを、みごと高め【4ソウ】ツモで8000オールに仕上げる。さらに2本場ではドラアンコツモアガリの4000オールを加点し、、ダントツトップに躍り出る。その後、鈴木は猿川に18000を放銃して逆転を許すが再逆転に成功し、鈴木の勝ち上がりとなった。

鈴木はインタビューで、

「2位通過だと剛さんと同じブロックだったと思うんですけど、Pirates対決は少しおあずけとなりましたが、Pirates4人そろって次のステージに進めると思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」

と語った。

【第2試合結果】
1着 鈴木優 4万8500点/+68.5
2着 猿川真寿 4万5100点/+25.1
3着 瀬戸熊直樹 4400点/▲35.6
4着 内川幸太郎 2000点/▲58.0

【Total】
1着 鈴木優 +75.1
2着 瀬戸熊直樹 +22.4
3着 猿川真寿 ▲20.2
4着 内川幸太郎 ▲77.3

Mトーナメント2024 予選2ndステージ E卓F卓

7月8日(月) 15:00 〜 23:57

詳細情報
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」開催!現Mリーガー36名と、団体推薦者24名の麻雀界のトッププロ雀士計60名による個人トーナメント戦
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」は、現Mリーガー36名と、各団体の最高峰プレイヤー鳳凰位・最高位・雀王など団体推薦者24名の麻雀界のトッププロ雀士計60名による個人トーナメント戦になります。「Mリーグ2023-24」の優勝チーム4名は、予選2ndステージからシードスタートで参戦いたします。本企画の対局ルールは、「Mリーグルール」を採用し、2半荘で、2位勝ち抜けの個人トーナメント戦で行います。

キャスト

【E卓】
日向藍子vs岡田紗佳vs仲川翔vs鈴木たろう
実況:日吉辰哉
解説:浅井堂岐
レポーター:襟川麻衣子
【F卓】
鈴木優vs内川幸太郎vs瀬戸熊直樹vs猿川真寿
実況:日吉辰哉
解説:竹内元太
レポーター:襟川麻衣子
(C) AbemaTV

Mトーナメント2024 予選2ndステージ E卓F卓

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/