勝因は鳴かせてくれた上家さん?サクラナイツ・内川幸太郎の完璧なゲームメイク!【Mリーグ2020観戦記10/16】担当記者:真中彰司

勝因は

鳴かせてくれた上家さん?

サクラナイツ・内川幸太郎の

完璧なゲームメイク!

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年10月16日

2回戦

東家:勝又健志EX風林火山

南家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ

西家:茅森早香セガサミーフェニックス

北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

東1局

先制リーチを仕掛けたのはサクラナイツ・内川。

ロンで5200点、ツモれば三暗刻で跳満と打点十分。

「堀さんがトップを獲ったから、続かなきゃ!」

その瞳は勝利に飢えている。

しかし内川のアガリ牌はこの時点で残り2枚。

内川がツモれない間に、たろうが形を整えて迫ってくる。

そして親の勝又もイーシャンテン。

内川が反撃を受ける展開になりそうだった。

しかし、相手がイーシャンテンだからこそ、アガリ牌を捉えられる。

幸運にも、内川のロン牌は浅瀬にいてくれた。

5200点でも十分な打点だが、裏ドラをめくると…

もう片方のアガリ牌だったが眠っていた。望外の裏3で12000点。

「何それ払えないんだけど

まさかの跳満放銃で呆然とするたろう。

内川がロケットスタートに成功した。

東2局

今度はたろうが親番で仕掛ける。

前巡に打の対子を固定。さらにをポンして打

トイトイを見据えているのか。はたまたマンズの染め手に見せるのか。

気まぐれなゼウスの手腕が問われる進行となった。

ドラのが重なった!受け入れを最大にするなら切りだが…

切りだと?ふん、たいへん凡庸でよろしい。ダブだぞ?」

選んだのは打を重ねて鳴けば跳満まで見える。

貪欲な打点意識で、遥かなる高みを目指していく。

そして茅森からをポン。この時点で、の両面払いが見えた。

更に3巡目の切りも相まって、たろうの手が絶大な迫力を纏っている。

「たろうさんの手、高そう『ポンにゃ』とか言ってる場合ではなさそうね」

鳴かれた茅森はやや引き気味だ。

「いやいや、まだイーシャンテンでしょう?あと12牌は行けますよ」

大して、強気な姿勢の勝又。

それもそのはず、こちらもドラのが重なったのだ。

しかし待ちは2枚切れのカンと、非常に苦しい。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!