二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】




これに対して近藤は…

ビシッ!

画像の、次につかんだと押していく。

…ねぇ!超人!!起きて!ボコボコにされるよ!

ところが、次に持ってきたで近藤はオリを選択。

数字の2の牌くらいは行くけれど、真ん中のドラのの3枚浮いた状態から押すのは無謀、という判断か。

この局は村上が満貫のツモアガリとなった。

東4局1本場&南1局

繰り返すが、近藤の河は読みにくい。

この。なんの変哲もないどころか、ともすればがロスになる、ちょっと基本からは外れた一打だ。

その後、


近藤は、このように手を進めていく。

私は思った。

「これ撒き餌なんじゃないか…?」

どのみち愚形が多く、かなり都合のいいツモをしないとアガれない手だ。

こういうときに、そこまで損をしない範囲で「数牌のバラ切り」をするのだ。

「読みにくい分かりにくい河」の出現頻度をあげることによって、相手に手を読ませないようにしているのではないだろうか。

続く南1局の近藤の手牌進行と河を見てみよう。

第1打


第2打

第3打

第4打

近藤の河

どうだろうか?普段比較的ストレートに組んでくる人がこの河だったら、

より字牌があとってヘンだな…」

という印象を持たれてしまうだろう。このMリーグのメンツならそのレベルの読み性能はみな持ち合わせている。

ただ、この河は、

前局の河

と比べてもさほど違和感はない。近藤は、相手に手を読ませないことによって、本手の成就率を上げているのではなかろうか。

その後、をポンして

ホンイツ・オブ・トイトイのテンパイ。

さすがにこのは止まらないだろう。近藤ダメ押しの12000のアガリ。

南3局

画像では分かりにくいが、近藤は中盤にさしかかったところで、でチー。

すると…

で満貫テンパイ。マジかよ…

さらに、


どんだけドラ引くねん!

近藤は打単騎に待ち変え。

皮肉にも、ここで2着目に浮上した村上にテンパイが入る。


は3枚切れだが、は場に0。

悩む超人。を切るのか…リーチはするのか…

出した答えは…切りダマ。

近藤がドラなしの両面チーをするはずがない。手に(近藤のテンパイ打牌)が残っていたことからも、ドラのがトイツ以上なのは間違いない。

ということは待ちも薄く、近藤に放銃すると2着も危ない、という判断だろう。
ワンチャンスのはギリギリの押し、テンパイをとってツモアガリの可能性を残し、ド級の危険牌はオリる算段か。

次巡…


これは近藤のアタリ牌だ…

おお!

この記事のタイトルとURLをコピーする