朝倉康心、「メチャクチャ嬉しい!」3位浮上!! 冷静な判断力と幸運で勝利をつかむ!!

朝倉康心、
「メチャクチャ嬉しい!」3位浮上!!
冷静な判断力と幸運で勝利をつかむ!!

1月28日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、U-NEXT Pirates朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
チームは12勝目で、総合3位に浮上した。

対局者は、
EX風林火山二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
TEAM雷電萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、
そして朝倉。

並びは、朝倉・萩原・二階堂・前原。

東2局、前原の先制リーチに二階堂がヤミテンからのマンガンツモアガリ。
二階堂リードで局面が進む。

南1局、3着の萩原がドラのを雀頭にして、勝負掛けのリーチを敢行。
しかし2着目の朝倉、4着目の前原が追いかけリーチの三つ巴に。
結果は萩原が、朝倉のカンに放銃。赤1の3900点で、朝倉が二階堂とほぼ並ぶ。

そして南3局、朝倉がカンをチーして、ピンズが余らないチンイツのテンパイ。
これを二階堂から直撃し、トップ逆転。

南1局1本場、前原がハイテイで、ホンイツ・ドラ1・赤1の6000オールで反撃の狼煙を上げるも、2本場は朝倉が流してゲームセット。

朝倉は勝利者インタビューで、
「(上位2チーム以外は)ポイントゼロで10数戦というリーグ戦が始まったようなものなので、1勝で気が楽になるわけではないんですが、これを積み重ねていけば決勝に行けると信じて一打一打丁寧に打ってきました。」
と語った。

【参考】

【Result】
1着 U-NEXT Pirates朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万8900点/+58.9
2着 EX風林火山二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)2万8200点/+8.2
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大(日本プロ麻雀連盟)2万8000点/▲12.0
4着 TEAM雷電萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)4900点/▲55.1

【Total】
1位 EX風林火山 +315.8(69/80)
2位 赤坂ドリブンズ +120.9(70/80)
3位 U-NEXT Pirates ▲46.2(67/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲61.5(71/80)
5位 セガサミーフェニックス ▲75.7(70/80)
6位 渋谷ABEMAS ▲89.8(68/80)
7位 TEAM雷電 ▲163.5(69/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!