朝倉康心、明鏡止水の心でトップ獲得!! 最終戦に望みをつなぐ!!

朝倉康心、
明鏡止水の心でトップ獲得!!
最終戦に望みをつなぐ!!

2月12日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)が、トップを獲得。
パイレーツは、ファイナル進出には本日の連勝が最低条件。まずは朝倉が条件をクリアした。

対局者は、
EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして朝倉。

並びは、滝沢・茅森・白鳥・朝倉。

開局は、滝沢の先制リーチに朝倉が追いかける。
朝倉の単騎待ちに、茅森が飛び込んで裏ドラが
マンガンのアガリで、朝倉が先行する。

東4局は滝沢がのシャンポン待ちリーチ。
強い河に、茅森からが放たれる。
ドラ1・ウラ1の8000点のアガリで、滝沢がトップ目。

道中手が入らず、ラス目で迎えたオーラスの朝倉。
カンチャン待ちのテンパイとらずからの、ピンフ・赤1の待ちリーチ。
結果をツモって、ウラ1のせての4000オールで一気に滝沢に肉薄。

同1本場では、17巡目にようやくテンパイが入って、即リーチ。
これは流局するも、1人テンパイでトップ逆転。

同2本場は、白鳥がラス抜けのアガリを決めてゲームセット。
朝倉が、最終戦に望みをつなぐトップを獲得した。

朝倉は勝利者インタビューで、
「一人頭4万5000点という条件なので(単なるトップは)手放しで喜べる点数ではないのですが、可能性を残すという意味では、なんとか仕事ができました。最後に小林さん1人に、厳しい条件を背負わせてしまって申し訳ないのですが、負けても文句はあません。小林さんの麻雀を、精一杯打ってください!」
と語った。

【Result】
1着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会) 3万5700点/+55.7
2着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 2万8500点/+8.5
3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 1万9200点/▲21.8
4着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会) 1万7600点/▲42.4

【Total】
1位 EX風林火山 +337.3(79/80)
2位 渋谷ABEMAS +169.6(79/80)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +39.2(80/80)
4位 赤坂ドリブンズ ▲8.7(80/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲83.5(79/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲226.4(79/80)
7位 TEAM雷電 ▲227.5(80/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。