【麻雀最強戦2019】優勝は豊後葵プロ(日本プロ麻雀協会)!!女流プレミアトーナメント 皮肉な下克上

本日4月20日(土)12時より、「麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 皮肉な下克上」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:鈴木ふみ奈/実況:梅中悠介/解説:近藤誠一・藤崎智)。その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、豊後葵プロ(日本プロ麻雀協会)が優勝した。

優勝した豊後プロは、この後引き続き行われる「麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント決勝」に出場することになる。

本日の対戦は「麻雀最強戦2019」の第4戦。

女流プレミアトーナメントは、32名の女流プロからただ1人の勝ち上がり者を決める過酷なトーンメント戦。

本日対局したのは次の8名。A卓B卓から半荘1回戦で上位2名が勝ち上がり。決勝戦半荘1回で勝者が決する。

【A卓】 和泉由希子 豊後葵 丸山奏子 内田みこ
【B卓】 清水香織 大崎初音 矢神ゆの 里中花奈

A卓からは内田・豊後が勝ち上がり、B卓からは里中・清水が勝ち上がった。

▲A卓1位・内田みこプロ
▲A卓2位・豊後葵プロ
▲B卓1位・里中花奈プロ
▲B卓2位・清水香織プロ

決勝戦は、内田・清水・里中・豊後の並びでスタート。

開局は里中のチャンタ・ドラ3のマンガンテンパイに、清水がタンヤオ・ピンフのリーチで攻める。
結果は流局の2人テンパイという静かな立ち上がり。

南入した時点では里中トップ、豊後2着という並び。

その後、豊後が清水から3900、内田が清水から8000を討ち取って点棒を増やす。

オーラスを迎えて、各家の点棒状況は次の通り。

 内田 25,300
 清水    6,200
 里中 28,000
 豊後 40,500

里中はマンガンをツモっても500点届かない状況。内田も同様にハネマンのツモが必要。
清水は三倍満ツモ条件と厳しい。

里中がピンフ・ドラ1の手で一発・ウラ1にかけてリーチをかけるも、無情にも豊後が一発を消す。

ウラ2条件になった里中がツモアガるも、ウラ1に留まって逆転ならず。
麻雀最強戦2019の第4戦は、豊後葵が勝利を勝ち取った。


▲里中は裏ドラ1枚に泣いた

▲A卓では内田プロの四暗刻が炸裂した

「麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 決勝」はこのあと引き続いて行われる。

出場者は、今勝ち上がった豊後葵に加え、トーナメントを勝ち上がった水口美香・高橋侑希・茅森早香の4名。

AbemaTV麻雀ch⇒ https://abema.tv/channels/mahjong/slots/BNYG5p3BN7gP91