大崎初音、リーチを愛する「卓上のひまわり」

元ナンバーワンキャバ嬢が一流プロに

大崎初音は、日本プロ麻雀協会に所属する女流プロである。「卓上のひまわり」というキャッチフレーズは、身長の高さと笑顔、真っ直ぐにのびのびと打つ姿勢が由来。鳴き主流の現代麻雀においては数少ない面前派で、好きな役はリーチと七対子という自他ともに認めるリーチファイター。仕掛けを多用しない正しく丁寧な雀風。

大学入学を機に上京し、バーでウエイトレスとして働くようになった大崎初音。常連客がいつも麻雀の話をしているのに興味を持ち、その中にいた日本プロ麻雀協会会長の五十嵐毅プロと知り合いになる。その後、五十嵐プロの紹介で大会の手伝いをし、プロの麻雀に対する真摯な姿勢を見て感銘を受けたことがきっかけでプロを目指した。

大学卒業後はいったん就職するが退職、キャバクラで働きナンバーワンキャバ嬢であったことは有名な話。現在はVシネマ作品「むこうぶち」に出演したり、舞台女流として活躍するほか、麻雀人口増加計画の名のもと、麻雀教室の先生として普及活動に努めている。同名タイトルのエッセイは「近代麻雀」誌上にてマンガ化された。大の酒好き。

麻雀人口増加計画☆

大崎初音 プロフィール

生年月日 1983年6月20日
出身地 北海道登別市
プロ入会 2009年
所属プロ団体 日本プロ麻雀協会(8期生)
Twitter 大崎初音@ohsakihatsune

大崎初音 タイトル歴

第9期・第10期・第12期女流雀王
四神降臨2014女流王座決定戦

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!