麻雀最強戦2019男子プロ代表決定戦「天使の吐息」観戦記【A卓】何度でも牌山に手を伸ばし続ける闘将・金子正輝

場面は大きく動かずに東3局

村上の手牌はやや重い。萬子で一気通貫やメンホンが出来れば万々歳か?

達也は筒子に寄せると面白そうだが、ドラがのための切り時が悩ましい。

前原は愚形残りの2シャンテン。

さてさて、親の金子はどうかな…

!?!?!?

ドラ含みの一盃口が完成している…だと!?

9巡目で親の満貫テンパイ。予選卓は2着残りということを考えると、ヤミテンで確実に12000点を稼ぐのが無難な選択だろうか。

はい。曲がっています。

完全に牌が横に曲がっています。

金子正輝、セオリー破りの満貫手をリーチ!

金子はヤミテンの12000点よりも、6000オールをツモって一気に予選通過を決定付けることを望んだのだ。

しかし、山に4枚残っていたこのがなかなかツモれない。

こんな大物手が空ぶってしまうのか…

牌山に手を伸ばし続ける金子。ツモる手にも力が入る。

最強戦ファイナル、そしてその先にある最強位の称号まで、その手を届かせたい!

とうとう最後のツモ番まで来てしまった。

ゆっくりと溜めてめくった、その牌は…

いたあああああああ!!

全国のねこさんファン総立ちの6000オール。

これで決勝への2席のうち、金子が1席をものにした。

しかし、そう簡単に独走を許すレジェンド達ではない。

東3局4本場、連荘を続ける金子を止めたのは前原。

力強くをツモり、三暗刻をつけて2000-4000のツモアガリ。

ここまで劣勢だった達也も、東4局でリーチ・タンヤオ・平和・ツモ・裏1の2000-4000をアガって戦線に復帰。

1人ノーテンや横移動を挟み、気付けば金子は35300点。

3つ巴の戦いで、村上が取り残される展開となった。

しかし村上も黙ってはいられない。だってリーチ超人だもの。

諦めずに「りっち!!」してツモって1300-2600。

ラス親での逆転に向けて、反撃の狼煙を上げる。

そして迎えるラス親。村上も4000オールでほぼ並びになる。

反撃と行きたかったが、そこに立ちはだかったのは金子。

役無しながら好形のテンパイが入る。

しかし、どちらでリーチする?

もし不用意にリーチして、村上に満貫でも直撃されたら??

いくつもの不安が頭をよぎり、金子は天を見上げる。

いくばくかの間を置いて、金子の口は「リーチ」の形に動いた。

待ちは最も多い

しかし、直後に村上からの追いかけリーチが飛んでくる。

覚悟はしていたはずだが、いざリーチが来ると怖いものだ。

枚数が多くても負けることがあるのが麻雀なのだから。

祈るように伸ばした金子の手に触れたのは…

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!