【西原理恵子 & 山崎一夫】マンガン一つくらいでは守りゾーンには程遠い…。

マンガン一つくらいでは
守りゾーンには程遠い

だいぶ前のことですが、漫画家の片山まさゆきさんと、対局企画をやっている時に、聞いたことがあります。

「どれくらいリードすれば、守りに入ります?」
「もう守りゾーンは無くなったね」

と即答しました。
これが片山さんの「ノーマーク爆牌党」の名言。

「リードは守るものではなく、広げるものだ」

に繋がってるのだと思います。

特にフリー雀荘では、東場でマンガンをアガったくらいでは、守ってればトップになる、なんてことはまったくありません。
降りてても、すぐ2着になるのはよく経験します。

ワキでハネマンが移動。
ワキでマンガンツモ。
ノーテンの後、ワキで5200。
南入のころには、トップ目じゃなくなってたりします。
放銃はしてませんが2着です。

「こんなハズでは」

と前に出たら、運悪くラス転落とかね。
特にフリー麻雀では、赤牌のご祝儀のウェイトが大きいので、
上位を確保したのにチップ負けしてる。
という状況もあります。

先日、西原理恵子さん、末井昭さん、新潮社の中瀬ゆかりさんといっしょに、YouTube用の「麻雀たぬサロン」というビデオを作りました。

半チャン5回やって、私はトップ無しだったんですが、棒テン即リー、チップのおかげで逆に浮いてました。
自慢にはなりませんけど。

棒テン即リー。
見切り発車のホンイツ
東場で守りは無用。

くらいのつもりで、ちょうどいいと思います。
そうだ、第一期最強戦優勝の片山まさゆきさんを送りこんだ、雀鬼会の桜井章一会長の言葉を紹介しましょう。

「マンガンアガったら、ザンク返すくらいのつもりで打て」

このバランスの良さが、さらなる加点チャンスを増やすんですね。

「2着目の親をタンピンの2000点で流した」

自分のマンガンのチャンスも流してるかもしれません。

 

東場は構想壮大
南場はややセコ目で

1局の序盤と中盤では戦い方が違いますが、同じように東場と南場も違います。
さらにリーグ戦やタイトル戦なども、予選などの最初のほうと、決勝戦では戦い方が違います。

リーグ戦は私は経験がありませんが、おそらく全体的に見れば、似たような入れ子構造(ネストやフラクタル)だと思います。
1局の序盤は、もしピンフ形の配牌なら、リーチツモと、ドラ、裏ドラ、赤期待でハネツモを目指しましょう。

ペンチャン、トイツ落としが間に合うようなら破壊力抜群です。
結果1300-2600で上等。

終盤になっても間に合いそうになければ、形テンも止む無し。
序盤のリーチはツモが増える傾向がありますが、終盤は期待できないので、通称セコテンです。

特に東場の1局の中盤までなら、ワキが何人仕掛けても、仕掛け返さずに、リーチを目指しましょう。
アガり確率は多少落ちますが、トータル期待値は高いと思います。

1局の終盤がセコくなるのと同様、オーラスに近づくにつれて、順位争いへの影響が大きいので、見た目はセコくなりがちです。

私は、一般の雀荘に東風戦を最初に持ち込んだ一人だと思うんですが、そのスリルとセコさにハマりました。

まだ赤牌が無い時代なので、東南戦の東1局にマンガンをアガるより、東風戦の開局一番のほうが、トップへの影響力が大きいです。

名前は東風戦ですが、実質は東場無しの南風戦なんですね。

南入でたまたま持ち点が同じだと。
子で5200を引くと、親と7800の点差。
ワキと6500点差になります。

ついでにワキとトップは1300点差ですね。

この競輪のような並び(点差)が、複数の対人ゲームの面白さの一つだと感じました。
次局の相手の仕掛けの思惑を推理するのも重要です。

私が今も麻雀卓の点差ボタンを使う習慣が無いのは、この時の習慣のため。
当時は

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!