麻雀最強戦2019男子プロ代表決定戦「天使の吐息」観戦記【A卓】何度でも牌山に手を伸ばし続ける闘将・金子正輝

麻雀最強戦2019

男子プロ代表決定戦

天使の吐息【A卓】

何度でも牌山に手を伸ばし

続ける闘将・金子正輝

【B卓】担当記者:真中彰司 2019年7月13日(土)

 

最強戦プロ予選、女子プレミアトーナメントは水口美香、男子プレミアトーナメントは岩﨑真の優勝で幕を閉じた。

そして戦いは新たなステージへ。

数々の実績を残してきたレジェンドたちがしのぎを削る、プロ代表決定戦の開幕だ。

その初戦となるA卓の出場選手を紹介しよう。

(敬称略)

まずは最高位戦から、

”ねこさん”こと金子正輝!!

バラエティ豊かな表情で視聴者を楽しませてくれる金子だが、実は最強戦ファイナルには出場したことが無い。

「今年こそは」63歳にしてなおAリーグに君臨し続けるレジェンドが、未だ見ぬ境地を目指して出陣する。

 

続いてプロ協会から、

”ファンタジスタ”こと鈴木達也!!

昨年のプロ代表決定戦では見事に優勝するも、ファイナルA卓では漫画家・片山まさゆきに敗れる結果となった。

カメラの前では内気だが、牌を握ればその手は七色に光り輝く。RTDトーナメントでもお馴染みの”ラーメン屋・おたつ”が、ファイナルへ向けて再び開店!

 

3人目は最高位戦から、

”リーチ超人”こと村上淳!!

昨年はファイナル出場こそ逃したが、Mリーグでは赤坂ドリブンズとして園田賢・鈴木たろうと共に初代王者に輝いた。

いつも心にリーチ棒。初代王者の誇りを背負い、リッチリッチと攻めまくる!

 

そして、4人目はプロ連盟より、

”麻雀閻魔”こと前原雄大!!

2017年・2018年の最強戦ファイナルには鳳凰位として出場したが、それぞれ馬場裕一と片山まさゆきに敗れた。

プロ代表決定戦には久々の出場。伝家の宝刀・ガラクタリーチを携えて、今日も貪欲に勝利へと突き進む。

 

東場

まずは親の達也が仕掛ける。

ドラ対子で愚形が多いため、をポンして5800を狙いに行った。

このポンを受けて、上家の村上はここから達也の現物切り。

「あの面前派の達也がを1鳴き。間違いなくドラ対子以上はある。」

完全ガード態勢で、達也にキー牌を鳴かせない。

達也の手が思うように進まない間に、前原が追いついた。

平和のみだが、当然のリーチ。

の切り順で、待ちは盲点となりやすい。