最後まで貫いた一人の物語 麻雀最強戦2023【ファイナル 1st Stage】観戦記【C卓】担当記者 小林正和

最後まで貫いた一人の物語

【C卓】担当記者:小林正和 2023年12月9日(土)
朱色の枠に草色の天板というクリスマスカラーを彩った一卓を網目かかった鉄格子が四方を囲む。
そこは選ばれし者だけが入る事を許される最高峰の頂(いただき)であった。

「パンッ…!!」

初冬の空気のように乾いた、でも少し心地の良い音が舞台に響き渡る。

それと同時に、一人の漢は悟ったように遠くを見据えていた。

その瞳は、まるでビー玉のように光り輝いているのであった。

引き立て役Bにはなりたくない。私は究極のアイドルへ。

C卓の対局者の中で異例の勝ち上がりを決めた選手がいる。

日本プロ麻雀協会所属の篠原冴美だ。

タレント・グラビアアイドルとしても活躍する彼女は、最強戦出場枠をかけた「近代麻雀」の投票アンケート企画において見事に1位指名を獲得。今風に言うと推しの子No.1である。
それをキッカケに仲田加南菅原千瑛といった実力者を押し退け、今度は自らの力でファイナリストへ。

しかし、それまでは批判的なコメントもあったそうだ。

“所詮はグラビアアイドル”“麻雀は二の次だ”。麻雀に対する秘めた思いに反するように、心外な言葉が篠原を襲う。

「やっぱり… 大きな結果がないと認めてもらえないのかなと。」

今回の最強戦を勝ち取り、その先の最強で“究極の”アイドルになれるか。

ところが1stステージで対峙する相手は、いきなりMリーガー3人である。


まずは最強戦二連覇中。
TEAM RAIDEN/雷電、瀬戸熊直樹

過去・現在、そして恐らく未来において三連覇に挑戦するのは、全人類史上この漢しかいないだろう。
新たな歴史を刻めるか、一つの注目ポイントである。

続いてこの方。
赤坂ドリブンズ鈴木たろう

第15期最強位を戴冠しているたろうは、予選ではオーラスに劇的な四暗刻ツモで大逆転勝利。全選手の中で一番の追い風を感じているかもしれない。
相手を惑わす“ゼウスの選択”で再びパルプンテを引き起こせるか。

そして、最後に登場。
U-NEXT Pirates仲林圭

(ん…。キリッとした目元あたりは少し似ているが、少し違う…。)

新鋭の如く現れた、日本プロ麻雀連盟関西本部所属の桑田憲汰だ。
29歳プロ歴5年目の彼は、普段は麻雀店の従業員として日々を過ごしている。

応援メッセージも家族やお店のお客さんからの声援で溢れ、実況・解説陣の目頭も熱くさせていた。

そんな愛されキャラ桑田だったが、いきなり悲劇が待ち構える。
東1局

篠原の4巡目リーチを受けながらも、持ち前の“全ツ麻雀”で親のタンヤオ・ドラ3まで育てると

テンパイの入った西家たろうのリーチ宣言牌【3マン】を掴まえる事に成功。

桑田
「ロンッ!!」

見た目通りの歯切れの良い発声。
しかし、

篠原
「ロン。」

こちらも見た目通りのフェミニンボイス。

桑田
(………。)

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/