等しく才たけたものが4人要るんじゃよ【Mリーグ2022-23観戦記12/20】担当記者:越野智紀

等しく才たけたものが
4人要るんじゃよ

文・越野智紀【火曜担当ライター】2022年12月20日

第2試合

東家:茅森早香(セガサミーフェニックス)
南家:松本吉弘(渋谷ABEMAS)
西家:佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
北家:仲林圭(U-NEXT Pirates)

名勝負は一人では作れないものです。
面白い試合は相手と攻めがぶつかる中で生まれることが多いのですが…

東1局

先制リーチをして全員降ろすことを好むタイプの佐々木選手。
【1マン】じゃなく【4マン】を切っているところが面白く、マンズを少し打ちやすくして【5マン】の降り打ちにも期待しています。

注文通りの展開になり、リーチ・ドラ・裏で5,200のアガリ。

東2局
5,200の降り打ちで始まった仲林選手は、松本選手のリーチと佐々木選手の仕掛けに挟まれ

場に【4マン】【2マン】【1ソウ】が1枚切れという見た目や打点よりも、場況と安全度を重視しての【6マン】切りリーチを選択すると

これが正解で松本選手から5,200をアガリ、最初の失点を取り返すことに成功しました。

東3局

次は自分の順番だと三色赤で5,200のダマテンを入れた松本選手。
佐々木選手からアガることが出来れば綺麗に三者の間で5,200が一周することになったのですが

降りていたように見えた佐々木選手からリーチが入って一発ツモ。

「聞いてた話しと違うし、その【9マン】どこから持ってきたのよ」と不思議そうな顔でアガリ形を確認していた松本選手でしたが

直近3巡で持ってきた牌でした。

東3局2本場

攻め続けたから手が入るなんて話しは信じてないのですが、またも5,200のテンパイをした松本選手。

好形変化を見てダマテンにするも、カン【4マン】のまま8巡経過して

8連続ツモ切った先に待っていたのは

一発裏裏のハネ満放銃。

手が入って放銃する半ツキと言われる状態で東場を終えて700点まで持ち点を減らしていた松本選手でしたが、南場に入ると潮目が変わり

リーチ赤ドラ・リーチツモピンフ赤ドラ・リーチドラ裏2と3局連続でアガって、僅か3局で全てを取り返して半ツキも悪くないことを証明しました。

…と、ここまでが前フリ。

南4局
この試合の焦点となった局で

東家:仲林  32,800点
南家:茅森  23,800点
西家:松本  30,200点
北家:佐々木 13,300点

トップの仲林選手と2,600点差の松本選手が

【9ソウ】を仕掛けホンイツ一直線に進めてテンパイ一番乗り。
打点も5,200で、どこから出ても文句なしのトップです。
待ちのカン【2ソウ】もほのかに良さげな香りがします。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊