麻雀最強戦2019著名人代表決定戦「技」観戦記【B卓】TAKUYA、Over Drive!卓上を席巻したギタリスト雀士

ドラドラの形から、百田の打ったドラをポン!を外し、跳満まで見える好形のイーシャンテンで勝負に出た。

しかし、トイトイ成就に必要なはすでに山になく、はTAKUYAの手の中の4枚をはじめとして他家に入っており、残りは山に1枚。さらにTAKUYAはラス牌のをも暗刻にしてタンヤオの聴牌を入れ、後がない百田から1300は1900をアガった。このように

「じゃいの前に立ちふさがるTAKUYA」

という構図が、今回の対局では幾度となく見られた。

オーラス、2着目の加賀と3着目のじゃいの点差は4600点。じゃいは苦しいながら条件クリアのカンリーチを打つも、山に2枚あったアガリ牌はTAKUYAと加賀に1枚ずつ流れ、流局。大トップを取ったTAKUYA、2着を守り切った加賀が、決勝卓への進出を決めた。

4着の百田は、序盤の大きな失点を巻き返せずに敗退。しかし、聴牌打牌で放銃してしまったり、聴牌後にロン牌を掴まされたりするなど、不運な面も多々あったことは否めない。

3着のじゃいは、さすがの打ち回しを見せる局面も多々あったものの、本人も対局後に振り返っていたように、最後のツモ力が発揮できなかった形だった。本人としてはやや不本意な形の敗戦だったかもしれない。

2着で勝ち上がった加賀は、序盤の満貫アガリ以降は大きな加点ができなかったが、不要な失点を回避してフィニッシュ。経験してきた場数の違いを見せつけた、という形か。

そしてトップで勝ち上がったTAKUYA。アガリ6回、放銃はゼロと、理想的とも言える結果で最強戦デビューを飾った。解説の馬場裕一プロが「麻雀を楽しんでいる」と評したように、トップ目からも積極的に動いてアガりきるなど、麻雀打ちの「アガりたい」という欲求を最もシンプルに体現していたように見えたが、そんな彼に卓上の女神が微笑んだ、というところだろうか。

歴戦をくぐり抜けてきた「女王」、そして最強戦に現れた「ミュージックファイター」。二人が決勝で繰り広げてくれる闘牌にも、おおいに期待したい。

 

東川亮(ひがしかわ りょう)
赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。Twitter:https://twitter.com/higashi_mahjong (麻雀用アカウント)
  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!