天鳳位vs.連盟プロ 1st.シーズン 第2節





6月5日(日)、日本プロ麻雀連盟のプロ雀士とインターネット麻雀「天鳳」の最高ランク雀士・天鳳位との対抗戦のファーストシーズンの第2節が行われた。

出場選手は日本プロ麻雀連盟より、
勝又健志プロ(第32期鳳凰位)
前田直哉プロ(第31期鳳凰位/最強位)
瀬戸熊直樹プロ(第26・27・29期鳳凰位)
藤崎智プロ(第30期鳳凰位)
佐々木寿人プロ(第10期チャンピオンズリーグ優勝)

天鳳からは、
ASAPIN(初代天鳳位)
独歩(3代目天鳳位)
すずめクレイジー(4代目天鳳位)
かにマジン(8代目天鳳位)
就活生@川村軍団(9代目天鳳位)

の各5名ずつ。

第2節は前田直哉プロ・ASAPINをのぞく8名が顔を合わせ、半荘5回戦が行われた。

(詳細なレギュレーションはコチラをご覧ください。)

これまでの成績score

●6回戦

ダブロンが乱れ飛ぶ、波乱の初戦!

0605_01勝又健志 佐々木寿人 かにマジン 就活生@川村軍団

通算6回戦目となるこの日の第1試合。派手な見せ場はしょっぱなにやってきた。

親の就活生にji7-66-90-s-embとドラのsou9-66-90-s-embがアンコで入る。

man1-66-90-s-embman1-66-90-s-embman6-66-90-s-embman8-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-emb チーsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embaka2-66-90-s-emb ドラsou9-66-90-s-emb

そして北家のかにマジンが13巡目に次の手でリーチ。

man4-66-90-s-embaka3-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-emb ドラsou9-66-90-s-emb

そして2人のアタリ牌であるを、佐々木がツモる。すでにテンパイしていた佐々木は、当然これをツモ切る。

親マンガンと2600(ウラドラsou7-66-90-s-emb)、いきなり天鳳位のツープラロン攻撃が炸裂した。

しかし放銃した佐々木も、もちろんこのままでは終わらない。

南1局3本場では、

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin4-66-90-s-embaka1-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-emb ツモpin3-66-90-s-emb ポンji3-66-90-s-embji3-66-90-s-embji3-66-90-s-emb ドラji3-66-90-s-emb

ホンイツ・ドラ4のハネマンをツモ。

南3局では、

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-emb ドラsou1-66-90-s-emb

この手をリーチして、勝又からpin8-66-90-s-embを討ち取り2着に。

そしてこのpin8-66-90-s-embは、就活生にもアタリ。

pin7-66-90-s-embpin9-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb ロンpin8-66-90-s-emb チーsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embポンman9-66-90-s-embman9-66-90-s-embman9-66-90-s-embポンji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embドラsou1-66-90-s-emb

半荘1回に、2度のダブロンが出るという珍しい試合となった。

 

6回戦結果
就活生@川村軍団 +67.5
佐々木寿人 +17.8

勝又健志 ▲81.9
かにマジン ▲3.4

●7回戦

トップ条件から生まれる勝負のアヤの行方は…?

0605_02藤崎智 かにマジン 瀬戸熊直樹 すずめクレイジー

第2試合、東場は5200と3900をかにマジンから討ち取った瀬戸熊がリードし、ピンフ・ドラ1をリーチでツモアガったすずめクレイジーが2着目で折り返す。

 

そして山場はこの南2局2本場。

瀬戸熊が、9巡目に先制のリーチをかける。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman9-66-90-s-embman9-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-emb ドラman3-66-90-s-emb

そして藤崎が現物のji2-66-90-s-embを切ると、すずめクレイジーがポン。次の手で瀬戸熊に対抗する。

man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb ポンji2-66-90-s-embji2-66-90-s-embji2-66-90-s-emb

この手でman5-66-90-s-embを首尾よく瀬戸熊から討ち取って、7700。大きな勝負どころを制した。

 

オーラスを迎えて、

藤崎智 38,400
かにマジン 14,300
瀬戸熊直樹 19,500

すずめクレイジー 47,800

という点差。

ます藤崎が、カンpin5-66-90-s-emb待ちの手でリーチ。

man6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embaka2-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-emb ドラsou9-66-90-s-emb

一発ツモか、aka1-66-90-s-embツモ、もしくはツモってウラが1枚乗ればトップ逆転の手だ。

そしてラス抜けに必死なかにマジンが、2つ仕掛けてテンパイ。

man9-66-90-s-embman9-66-90-s-embman9-66-90-s-embji3-66-90-s-embji3-66-90-s-embji3-66-90-s-embji7-66-90-s-emb チーman4-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-emb チーman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-emb ドラsou9-66-90-s-emb

5200以上の出アガリか、1000・2000以上のツモが条件なので、西家のかにマジンは条件を満たす。

かにマジン、藤崎のアタリ牌のをツモ切るが、藤崎はこれをスルー。アガって2着だが、藤崎はすでに3戦を闘ってトータル▲16ポイント。ここは何が何でもトップを取りたいところなので、致し方ない。

そして見逃されたかにマジンがji7-66-90-s-embをツモり、見事ラス抜けに成功した。

7回戦結果
藤崎智 +25.8
かにマジン ▲8.3
瀬戸熊直樹 ▲82.1

すずめクレイジー +64.6

 

●8回戦

独歩大爆発の巻

0605_03すずめクレイジー 勝又健志 佐々木寿人 独歩 

東4局1本場、佐々木がタンヤオチートイツ・ドラ2という大物手でテンパイ。

sou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embman4-66-90-s-embman4-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-emb ドラsou2-66-90-s-emb

これに対して親の独歩、

aka3-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman7-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji6-66-90-s-embji6-66-90-s-emb ドラsou2-66-90-s-emb

この手からman7-66-90-s-embを切ってリーチをかけて、man8-66-90-s-embをツモアガる。そしてウラドラがman5-66-90-s-emb

見事な6000オールをツモアガった。

独歩はそのままオーラスまでトップを譲らず、焦点は勝又とすずめクレイジーの3着争いとなった。

現状2人とも16100点と同点。互いに引けないこの局面。

すずめ:sou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin4-66-90-s-embaka1-66-90-s-emb チーman7-66-90-s-embman6-66-90-s-embman8-66-90-s-emb ロンpin6-66-90-s-emb ドラpin2-66-90-s-emb

結果は、勝又がすずめクレイジーのアタリ牌を掴み、7700の放銃となった。勝又もpin2-66-90-s-embpin5-66-90-s-emb待ちでテンパイしており、紙一重の勝負だった。

8回戦結果
すずめクレイジー ▲6.2
勝又健志 ▲91.6
佐々木寿人 +19.9
独歩 +77.9

 

●9回戦

勝又のリーチにプロの執念を見た!

0605_04勝又健志 独歩 就活生@川村軍団 藤崎

この試合では勝又が魅せた。

まず、トップ目の就活生がji5-66-90-s-embをポン。man3-66-90-s-embチー。と仕掛けてsou2-66-90-s-embsou5-66-90-s-emb待ちのテンパイ。

pin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-emb チーman3-66-90-s-embman1-66-90-s-embman2-66-90-s-emb ポンji5-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb ドラpin2-66-90-s-emb

これを受けて勝又、仕掛けと河からソーズが打ち辛いとみてか

pin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embsou3-66-90-s-embaka2-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ドラpin2-66-90-s-emb

ドラをアンコにしてのソーズ待ちで、反撃のリーチにでる!

そして見事sou3-66-90-s-embをツり、ウラドラがなんとpin2-66-90-s-emb! 8000オールで一気にトップに躍り出た。

9回戦結果
勝又健志 +70.0

独歩 ▲8.8
就活生@川村軍団 +35.6
藤崎智 ▲96.8

 

●10回戦

なるか瀬戸熊、初トップ!?

0605_05就活生@川村軍団 勝又健志 瀬戸熊直樹 すずめクレイジー 

東場は7700、8000とそこそこの打ち合いとなったが、南入したところで

就活生@川村軍団 27,500点
勝又健志
 29,700点
瀬戸熊直樹 29,800点
すずめクレイジー 33,000点

という僅差。ラスのマイナスウマが大きいこのルール。放銃には皆ナーバスにならざるを得ない。

南1局、瀬戸熊が果敢に仕掛けて、6巡目に次のテンパイ。

aka1-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-emb ポンji6-66-90-s-embji6-66-90-s-embji6-66-90-s-emb チーsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-emb

一方、勝又も次の手でテンパイ。

sou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-emb ドラpin9-66-90-s-emb

この手にpin9-66-90-s-embをツモり、これは切らざるを得ずに瀬戸熊に3900の放銃となってしまった。そしてこれで瀬戸熊がトップ目に立った。

その後瀬戸熊は、すずめクレイジーに2000点を放銃して一旦トップ目からは陥落する。

しかし南4局1本場、3巡目

man7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-emb ドラpin8-66-90-s-emb

瀬戸熊はこの手でリーチ! トップ目のすずめクレイジーとは3300点差で、かつ供託リーチ棒が1本出ているので出アガリもOKだ(同点時は東1局の座順で着順を決定)。

この手に見事pin4-66-90-s-embをツモり上げ、瀬戸熊が初トップをものにした。

 

10回戦結果
就活生@川村軍団 ▲1.8
勝又健志
 ▲73.5
瀬戸熊直樹 +53.2
すずめクレイジー +22.1

0605_score

次回、第3節は7月3日に行われる予定。

【関連記事】
天鳳位vs.連盟プロ 1st.シーズン 第1節





  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です