前原雄大、接戦を制して 天を目指す初トップ!!




前原雄大、接戦を制して
天を目指す初トップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の14日目第1戦は、前原雄大(KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。僅差のオーラスを制した前原は、今期初勝利。試合後の前原の天を指差す謎のパフォーマンスに、なんとも言えない空気が流れた。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(日本プロ麻雀連盟)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、そして前原

東1局、親の岡田がいきなり長打を放つ。ドラののシャンポン待ちをリーチして、一発でをツモって6000オール!

東4局は、親の勝又がリーチで攻める。この待ちの赤1の手に、すでにテンパイしていた近藤がツモ切りで放銃。ウラが2枚乗って痛恨の12000の放銃となった。

同1本場、前原がここでリーチ・ツモ。ドラ1・ウラ1のマンガンで反撃の狼煙を上げる。

南3局には、近藤がリーチ・一発・赤1・ウラ1の12000を勝又から直撃し土俵際で食い下がる。

同1本場も、近藤と勝又のリーチ合戦。結果は再び近藤の討ち取り。リーチ・赤1の3900点。これで近藤3位、勝又4位と入れ替わる。

同3本場、近藤がさらにリーチで畳み掛ける。ドラののシャンポン待ちのこのリーチに、手詰まった岡田がのトイツ落としで御用。12000で近藤がトップ目に浮上する。

南4局5本場、近藤と4000点差の前原が・ドラ1の500・1000のツモアガリで、見事近藤を交わしてトップを獲得した。

対局後、天を指差し虚空を見つめる前原だったが、勝利者インタビューでは「(感想は)特に何もありませんと言葉少なげに語った。

▲往年のハルク・ホーガンを彷彿とさせる見事なイチバンぶりを見せた前原

【Result】

1着 前原雄大・KONAMI麻雀格闘倶楽部 3万5700点/+55.7
2着 近藤誠一・セガサミーフェニックス 3万3200点/+13.2
3着 岡田紗佳・KADOKAWAサクラナイツ 2万2600点/▲17.4
3着 勝又健志・EX風林火山 8500点/▲51.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +130.8(14/90)
2位 EX風林火山 +95.9(13/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +52.6(13/90)
4位 セガサミーフェニックス +11.0(13/90)
5位 TEAM雷電 ▲15.7(14/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲24.2 (13/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲91.0(14/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲159.4(14/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月22日の対戦は
大和証券 Mリーグ フェニックスvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ

キャスト

セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:瀬戸熊直樹
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ フェニックスvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする