内川幸太郎、 「たくさんの人に見てもらえて、 幸せです!!」




内川幸太郎、
「たくさんの人に見てもらえて、
幸せです!!」

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の14日目第2戦は、内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。内川は4戦目で初トップ、チーム順位を一つ挽回して2位に浮上した。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス・和久津晶(日本プロ麻雀連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智(日本プロ麻雀連盟)、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)そして内川

東1局は、西家内川のリーチで幕を開ける。しかしこれは、和久津から滝沢への・赤1の3200点の横移動で空振りにおわる。

次局も内川が果敢にリーチ。そして滝沢が追いかけリーチ。これに前に出て仕掛けた和久津が、再び滝沢に放銃。リーチ・イーペーコー・ドラ1の5200点で、滝沢が点棒を集める。

東3局1本場、親を迎えた内川はをチーして、123サンショクの単騎待ち。この5800を放銃したのはまたも和久津。

東4局、滝沢がリーチ・ピンフ待ち。一方和久津は国士無双のイーシャンテン。しかし無情にも滝沢がツモアガリ。1300オールで内川に奪われたトップを取り返す。

南1局、滝沢が2巡目にリーチ。これに内川が捕まってリーチ・赤1・ウラ1の5200点で、滝沢が頭一つ抜ける。

しかし内川も負けていない、南2局にはリーチ・ツモ・ピンフ・赤1の5200で追いすがる。

そしてオーラスを制したのも、内川。ポン、マンズをチーして露骨にホンイツ狙い。そして見事ドラが雀頭の待ちをツモアガリ。2000・4000で滝沢を逆転、嬉しい1勝をもぎ取った。

勝利者インタビューで内川は「めっちゃ嬉しいですね。ようやくマツカヨさんに会えました。3戦やって内容も良くなかったんですが、今日は手が入りましたね(笑)こんなに嬉しいトップはなかなかないですねと喜びをにじませた。

【Result】
1着 内川幸太郎・KADOKAWAサクラナイツ 3万7100点/+57.1
2着 滝沢和典・EX風林火山 3万3500点/+13.5
3着 藤崎智・KONAMI麻雀格闘倶楽部 1万6200点/▲23.8
3着 和久津晶・セガサミーフェニックス 1万4200点/▲46.8

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +130.8(14/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +109.7(14/90)
3位 EX風林火山 +109.4(14/90)
4位 TEAM雷電 ▲15.7(14/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲35.8(14/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲48.0 (14/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲91.0(14/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲159.4(14/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月22日の対戦は
大和証券 Mリーグ フェニックスvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ

キャスト

セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:瀬戸熊直樹
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ フェニックスvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする