見え見えの七対子「ヒサトイツ」!佐々木寿人、復調の兆し【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

やもすればこのは去年の勝又ならば止めた牌なのかもしれない。

これが去年いまいちトップを取り切れなかった風林火山、もとい勝又作戦なのかと感じた。

瀬戸熊がタンヤオ一盃口赤赤の8000のアガリ。地固めを始める。

東4局

今回はをポンした瑞原の選択から見ていきたい。

このイーシャンテンの手牌。現状ドラのと赤を合わせて3900の手牌。

みなさんはどう打つのだろうか。点数状況も加味して考えよう。

恐らくはを打つ人が多いのではないのか?と感じる。引きやドラの引きで8000まで狙える。

瑞原は打。ドラのカンの受け入れを拒否。この手牌、この状況は二千点で良いと判断した。

この手牌、大体がをポンしてテンパイするケースがほとんどだ。を落としてをポンしたら3900の愚形で安全牌が無い状況になる。

それは駄目だ。安全牌を無くすのならばアガれる手を作らなければいけない。をポンして安全牌を無くしても待ちなら勝負できる。たった二千点でも。

あとはラス目の寿人の親番なので、さっさと流したいのも本音か。

をポンしてテンパイ。カンじゃなく、このならリーチに対しても押し返せる。そんな強い待ちだ。

しかしここは勝又のアガリ。

メンタンピンツモの1300-2600のアガリ。

裏ドラを見てから点数申告までが異常に早い勝又。コメントでも点数申告の鬼と書いてありクスっと笑ってしまった。

南1局

ここまで牙を研いできた寿人が牙をむく。

相も変わらず寿人の捨て牌は素直だ。派手すぎる。字牌を2つ残し、に備えて残す。

いわゆる「ヒサトイツ」フォーメーション。

例えば雷電の萩原辺りなら、見え見えの七対子を嫌って字牌を切っていくはずだ。

を重ね、見え見えの七対子テンパイ。ここは1枚切れのよりも地獄の待ちリーチに受ける。

見え見えの七対子だからよりもに受けてツモる確率を増やしたほうが良い!という人がいるかもしれない。でも私はそれは間違いだと思う。

東場のリーチとは違い、この寿人のリーチはほぼ七対子のリーチだ。でもそれだけ。危険牌は分からない。

1枚切れの切りでリーチしているからそれよりも良い字牌で待っている?でも寿人なら第一打を活かして単騎にしているかもしれない。適当な中張牌かもしれない。

寿人のリーチの手役は分かりきっているのに、実は切れない牌が多い。

現に瀬戸熊は危険牌のを切ってツモリ三暗刻のリーチをした。これをアガリ切れればトップは確定か。

瀬戸熊がを掴み寿人に放銃!しかもウラウラ!

リーチ七対子赤ウラウラの12000のアガリ。魔王・佐々木寿人の片目が開いたか。

南2局は勝又が

このアガリのマンガン!寿人のリーチと同じ待ちだったがツモって暫定トップに名乗り出る!

しかも南3局、勝又の親番では

この3900を瀬戸熊からアガる。2着目とも差を離して勝又はトップへ歩みを進める。

さらに南3局一本場では

この畳み掛ける2巡目七対子単騎待ち!瑞原からあっさりと出るかと思われたが流石の瑞原。高い守備力でを手牌にしまい込む。

寿人がドラのをポン!

回りながら最小限の無筋を打ち、跳満テンパイ。の愚形待ちだがこれが山に1枚しかない。

このラス牌のを引いて3000-6000!寿人がトップ目に立つ!

去年はラス牌を引きまくる寿人を何度も観てきたが、今季初めての勝負所でのアガリだと感じた。

オーラス

1300-2600ツモでトップの勝又が先制リーチ!

ツモれば文句なしにトップ。出アガリだと5200じゃ足りないので裏が1つ必要だ。

これに追いつく寿人。

なんとダマ12000の待ちを親でリーチ!

勝又のリーチはほぼ100%条件をクリアしているリーチ。ならここで6000オールないしは18000をアガって直撃条件すら消してやろう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!