最年少Mリーガーの成長は止まらない!沢崎から岡田紗佳へ受け継がれた中トイツ落とし【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

熱論!Mリーグ【Fri】

最年少Mリーガーの成長は止まらない!

沢崎から岡田紗佳へ受け継がれた

トイツ落とし

文・masasio【金曜担当ライター】2019年12月6日

早いものでもう12月。

年内に開催される試合もかなり少なくなってきた。

12月20日金曜日の試合が年内最後の試合となり、今日12月6日を含めてなんとあと10日しかない。

Mリーグ2019 レギュラーシーズンはようやく折り返しというところ。年が明けて2020年に入ってからもまだまだ続いていくが、長かった2019年ももうすぐ終わる。

さて、昨日12月5日2回戦では、対局者全員が「最高位戦」所属という組み合わせの試合が行われた。

実現確率は約0.1%! 朝倉・村上・近藤・日向による「最高位戦ドリームマッチ」

実現確率は約0.1%! 朝倉・村上・近藤・日向による「最高位戦ドリームマッチ」【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

そして今日は、全選手「日本プロ麻雀連盟」所属という組み合わせ。

色々な組み合わせが見られてうれしい限りだ。

見た目にも華やかな4名がそろった、1回戦の模様をお伝えする。

1回戦
起家 岡田 紗佳
南家 滝沢 和典
西家 高宮 まり
北家 萩原 聖人

注目はやはり風林火山とサクラナイツの首位攻防決戦だろう。

風林火山からは滝沢が出場。

写真では分かりにくいが、髪の毛を風林火山カラーの赤に染めての登場だ。

今期に入って、瑞原、二階堂亜樹がバースデートップを決めている。

今期も好調の滝沢、自身の誕生日に花を添えることができるだろうか。

一方のサクラナイツからは最年少Mリーガー、岡田紗佳が出場。

サクラナイツは12月に入ってからポイントを減らしており、首位から陥落してしまった。

岡田自身もポイントはマイナス。

サクラナイツにとっても岡田にとっても正念場だ。

そして、滝沢、岡田の対戦といえば・・・

美の女神をもまどわせる!完全武装アフロディーテ岡田紗佳を襲った美しき手口とは

美の女神をもまどわせる!完全武装アフロディーテ岡田紗佳を襲った美しき手口とは【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

10月7日の試合で、岡田はトップ目前だったのだが、滝沢の策略にはまってしまい、逆転を許してしまったのだ。(詳しくは記事をご覧ください)

岡田にとっては苦い思い出だが、リベンジのチャンスがようやく訪れた。

「滝沢さん、今日は負けませんよ!」

東1局1本場

前局は親の岡田が一人テンパイで流局。

連荘の岡田

を引いて形が整ってきた。

手なりで切るなら、少しひねればだが・・・

(普通に打ってもアガれなそうかな・・・)

そう思ったかは定かではないが、ここからを切っていった。

カンのリーチのみなどは避けて、を重ねるか、にくっつけて好形をつくろうということだ。

と引けば、ピンフ、高めイーペーコーのリーチが自然に打てるので、いったんで良いと思うが、何とかしようという工夫が見られる。

この辺りはチームメイトの沢崎の影響も大きいかもしれない。

対する滝沢は早くもイーシャンテン。

カンとペンが残った、イッツーのイーシャンテンだったところにツモ。

ドラの受け入れもできた。

を切るかなと思っていたが、滝沢は少し考えてを切った。

なるほど、イッツーはなくなるが、テンパイの受け入れはで変わっていない。

イッツーにしようにも先にを引くとカンにはせず、結局にしそうだ。

一方、の周りを引けば、フリテンになることもあるが234の三色が見える。

目先のイッツーにこだわらない良い1打でとても勉強になる。

すぐにドラを引いてテンパイ。

を切ってテンパイを外す選択もあったが、滝沢はを切って役無しのダマテンを選択。

を自身で切っており、フリテンになる可能性があるのと、いったんダマテンに構えて状況を見てリーチに行く選択を残したのだろう。

次巡を引いてイーペーコーに手替わり。

萩原がを切っているため、「もう1回切ってください」ということでカンダマテン続行。

5200点で打点も充分だ。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!