藤崎智、 忍んで忍んでようやく掴んだ、念願の初勝利!!

藤崎智、
忍んで忍んで掴んだ、
念願の初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の43日目第1戦は、藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。藤崎は8戦目にしてのようやくの初勝利。松本の親バイマンを捲って見事トップ獲得。これで麻雀格闘倶楽部は3位となった。

1回戦の対局者は、EX風林火山勝又健志渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電萩原聖人、そして藤崎。

試合が大きく動いたのは南1局。萩原の先制リーチに対して、松本がツモ切り追いかけリーチ。松本はタンヤオピンフイーペーコー・ドラ2の親マンガンをヤミテンにしていたのだ。

4巡後に松本がツモアガリ。ウラが1枚乗って8000オール! 松本がトップに大きく近づく。

同1本場、藤崎はリーチ・ツモ・イーペーコー・ドラ1のマンガンをツモアガりして、2番手につける。

南3局、勝又がマンズのチンイツで仕掛けるも、親の藤崎はピンフ・ドラ1の待ちでリーチをかける。3巡後にをツモり、ウラドラがなんと雀頭! 6000オールで松本をまくることに成功し、藤崎が8戦目にしてMリーグ初トップを手にした

勝利者インタビューで藤崎は「(初トップは)うれしいというか、ホッとしたというか… そんな感じですかね。焦りはありましたがチームの調子が良くなったので、最近はそれほどでもなかったです」と語った。

【Result】
1着 藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部 4万8000点/+68.0
2着 松本吉弘渋谷ABEMAS 3万8500点/+18.5
3着 勝又健志EX風林火山 1万3600点/▲26.4
4着 萩原聖人TEAM雷電 ▲100点/▲60.1

【Total】
1位 EX風林火山 +174.8(43/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +135.5(42/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +49.2(43/90)
4位 渋谷ABEMAS +47.2(43/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲2.9(42/90)
6位 TEAM雷電 ▲69.6(43/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲150.1(42/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲184.1(42/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

12月8日の対戦は
風林火山 vs 麻雀格闘倶楽部 vs ABEMAS vs 雷電

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:内川幸太郎
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 EX風林火山 vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs 渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN / 雷電

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!