麻雀最強戦2019ファイナル観戦記【B卓】欲して止まない「最強位」のために目先の欲を見切ったレジェンド・金子正輝

次局、金子は、アガリが欲しい状況ながらトイツのを2枚ともスルーし、でリーチを打つ。

さらに加藤も待ちのホンイツリーチ!

実はこのとき、白鳥にはタンヤオ仕掛け、のテンパイが入っていた。しかしでは役がないためアガれない。

しかも白鳥に手番がまわる直前、リーチの金子がをツモ切り。本来アガれるはずの牌だが、同巡フリテンのため、この瞬間のみアガれない。

思わず顔をゆがめる。白鳥はここで「勝負のあや」を感じたという。

となれば、これが利するのは金子か。をツモり、1000-2000は1300-2300のアガリで、僅差に迫ってきた白鳥を再度突き放し、勝負の南場へと進んだ。

南1局は金子が5巡目でチートイツのリーチを打つも流局、加藤は親落ち。続く佐々木も一度はアガるものの、白鳥への放銃で親番を蹴られてしまい、勝ち上がりの争いは、「金子対白鳥」という様相を呈してきた。

金子の親番・南3局。金子と白鳥の点差は10000点。金子がアガれば決定打になるが、逆に白鳥がアガれば勝負の行方は一気に分からなくなる。

 

まずは9巡目に金子がリーチ。ドラのない安目リーチのみの手だが、白鳥の手はまだこの形な上、一発でロン牌のを引いてしまい、撤退。ここで安易に踏み込むのは無謀でしかない。この局は金子の一人テンパイで流局。

やや差がひらいた形となったが、南3局1本場では白鳥が1000-2000は1100-2100をツモって食い下がり、勝負はオーラスへ。

金子はアガればOK、白鳥はアガれば連荘だが、ある程度の打点が欲しい。その二人の配牌は・・・

こちらが白鳥。

こちらが金子。

メンツなしの白鳥と、1メンツにリャンメン2つの金子。明らかに金子が有利だ。

だからといって、白鳥は悠長に構えているわけにはいかない。そもそも、テンパイを取れなければジ・エンドだ。

9巡目、白鳥はこの形からでチー。形の良いリャンメンから鳴くというののは、通常であればまずしない動きだろう。トップ取りにしか意味のない、最強戦ならではの仕掛けだ。

 

中盤も終わろうかというタイミングでは2人ともイーシャンテンとなっているが、お互いの形はこう。既に鳴いた白鳥の方が、まだ苦しい。

それでも、先にテンパイしたのは白鳥だった。しかもタンヤオがつく引きで、アガリでの連荘が見える。

だが、この待ちは河に4枚、戦える形ではない加藤が4枚抱えており、山にはゼロ。まず放たれない牌だろう。

そして金子がギリギリでテンパイを入れた。

次巡、白鳥がツモったのは・・・金子のロン牌、。これは相当な濃度で当たる牌だ。しかし、この最終盤でテンパイを外すのは、敗北宣言に等しい。

覚悟か、悔しさか。白鳥はやや強く、を河に放った。

金子の力強い「ロン」の声が、戦いの終わりを告げた。

試合後の選手のコメントをお届けする。

4位 佐々木寿人

「一発勝負なので仕方ないが、あまりやりようなかった気がします。何かするとしたら、東1局1本場、トイツのを鳴いて突っ込むか、くらいかな。また来年ですね」

 

3位 加藤哲郎

「やるべきことはやったと思いますけど、あれだけツモられると厳しいですね。でも一発勝負なんで。どっちみち、今日ツイている人間が勝つだろうと思っていました。またチャンスがあれば頑張りたいです」

 

2位 白鳥翔

「まくりきれそうだなという感じだったんですけど、残念だと思うところもありました。どうにもならない半荘はあると思いますけど、自分がワンチャンスさえたぐり寄せられればどうにかなると思っているところもあります。6000オールの局はうまく打てたと思いますけど、決勝の壁は厚かったですね。金子さんがうまかったです」

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト