天鳳位vs.連盟プロ 1st.シーズン 第3節





本日8月13日(土)13:00より、天鳳位vs.連盟プロ 1st.シーズン 第4節が行われる。
そのまえに、前節(7月3日(日)実施)のおさらいをしておこう。

出場選手は日本プロ麻雀連盟より、
勝又健志プロ(第32期鳳凰位)
前田直哉プロ(第31期鳳凰位/最強位)
瀬戸熊直樹プロ(第26・27・29期鳳凰位)
藤崎智プロ(第30期鳳凰位)
佐々木寿人プロ(第10期チャンピオンズリーグ優勝)

天鳳からは、
ASAPIN(初代天鳳位)
独歩(3代目天鳳位)
すずめクレイジー(4代目天鳳位)
かにマジン(8代目天鳳位)
就活生@川村軍団(9代目天鳳位)

の各5名ずつ。

第3節はすずめクレイジーをのぞく9名が顔を合わせ、半荘5回戦が行われた。

(詳細なレギュレーションはコチラをご覧ください。)

これまでの成績0605_score

●11回戦

ASAPIN大躍進!! 連荘を止めるのは誰だ!?

01

藤崎智 かにマジン 佐々木寿人 ASAPIN

東1局、佐々木が藤崎から8000点をアガり、佐々木がクビ一つ抜けた状態で迎えた東4局。
親のASAPINが佐々木とのリーチ合戦にツモり勝ち、4000オールをアガりトップに立つ。
これを皮切りに次局、かにマジンが先制リーチ。

man1-66-90-s-embman1-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin3-66-90-s-emb

そして親のASAPINが追い掛けリーチにでる。

man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embaka2-66-90-s-emb ドラpin3-66-90-s-emb

かにマジンがman8-66-90-s-embを掴んで、11600点の放銃。

その後も、ASAPINはテンパイ料で加点して4本場まで連荘。東場を終えた時点で66,900点を稼ぎ出した。

南場に入って佐々木がハネマンをツモって追いすがるも、ASAPINがそのまま逃げ切りトップで終了した。
11回戦結果
ASAPIN +91.6
佐々木寿人 +38.3

藤崎智 ▲19.7
かにマジン ▲110.2

●12回戦

打撃戦を制したのは…!?

02

勝又健志 前田直哉 独歩 かにマジン

東1局、起家の勝又がリーチ一発ツモで4000オールをものにする。
しかし同1本場、かにマジンが負けじとリーチ一発ツモで2000・4000をツモり返す。
さらに東2局2本場、かにマジンが次のテンパイ。

sou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embaka2-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb ポンsou1-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou1-66-90-s-emb

これに勝又がsou6-66-90-s-embを放銃。

さらにさらに次局、独歩が親でリーチ一発ツモの4000オールをアガり、なんと開局に親のマンガンをツモった勝又が東場も終わらぬうちにラスに落とされてしまった。

この打撃戦の決め手となったのは南1局1本場。

aka3-66-90-s-embman5-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ドラsou6-66-90-s-emb

この高目三色の手をリーチしたのはかにマジン。
勝又に追い掛けリーチを食らうも、高目pin9-66-90-s-embをツモりって3000・6000。
これが効いてかにマジンが12回戦を制した。


12回戦結果
勝又健志 ▲4.2
前田直哉 ▲91.2
独歩 +25.6

かにマジン +69.8

●13回戦

マンガンが乱れ飛ぶ高打点戦!!

03

佐々木寿人 就活生@川村軍団 瀬戸熊直樹 ASAPIN

6局中4局がマンガンのアガリという高打点が飛び交う東場で、抜け出したのは瀬戸熊とASAPIN。しかしトップ目の瀬戸熊でも38,400点と、まだまだわからない状況で南入。
南場で佐々木がリーチ・ツモで追いすがるも現状の着順を捲れず、オーラスはASAPINが瀬戸熊に手順で切ったpin3-66-90-s-embが刺さり、トップ瀬戸熊・2着ASAPINという並びで終了した。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-emb ロンpin3-66-90-s-embドラpin2-66-90-s-embji3-66-90-s-emb

13回戦結果
佐々木寿人 ▲4.8
就活生@川村軍団 ▲78.8
瀬戸熊直樹 +59.4
ASAPIN +24.2

●14回戦

前田と独歩の壮絶な殴り合い!!

04

ASAPIN 独歩 前田直哉 瀬戸熊直樹

一転して流局が多くなった14回戦。東2局の親番で一発ツモの3900オールを決めた独歩がリードして南入。さらに独歩は南場の親番で、前田から12000を直撃してリードを広げる。
同3本場、独歩は前田にチートイツの3200を放銃して親番を失うも、次局タンヤオ赤ドラの5200を再び前田から奪い返す。
そしてオーラス。ラス親で現状2位の瀬戸熊がイッツー赤1ドラ1のペンsou3-66-90-s-emb待ちをヤミテン。これをツモり2位に浮上。

pin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou4-66-90-s-embaka2-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-emb ツモsou3-66-90-s-embドラsou5-66-90-s-emb

同1本場は、独歩がまたも前田からji5-66-90-s-embのみをアガり、トップを決めた。

 

14回戦結果
ASAPIN ▲3.3

独歩 +74.4
前田直哉 ▲92.3
瀬戸熊直樹 +21.2

●15回戦

ポイント上位者にラスを押し付けろ!!
05

独歩 勝又健志 前田直哉 ASAPIN

15回戦は、トータルトップのASAPINが前田に12000の放銃からスタート。各人ラス回避はもちろんだが、ラスを上位者に押し付けることができれば言うことはない。
しかし南1局、ASAPINがリーチ。

aka3-66-90-s-embman5-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ドラsou6-66-90-s-emb

このカンsou3-66-90-s-embをツモり、ウラドラも1枚乗せて、2000・3900のアガリで盛り返しトップに浮上。

そして南3局1本場、現在僅差の2番手の勝又の5巡目リーチが次の形。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman9-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embaka1-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ドラpin3-66-90-s-emb

これをsou8-66-90-s-embツモアガリで2000・4000のアガリでトップに立つ(ウラドラman2-66-90-s-emb)。
オーラスを迎えて点棒状況は次の通り。

独歩 23,000
勝又健志 40,100
前田直哉 25,800
ASAPIN 31,100

ポイントは勝又が逃げ切るか、もうひとつは3着争いとなる。特にトータル2位で14回戦もトップだった独歩が現在ラス目。ラスを回避したいのは前田だけではない。

man4-66-90-s-embman5-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embaka1-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-emb ポンman2-66-90-s-embman2-66-90-s-embman2-66-90-s-emb

ASAPINからman2-66-90-s-embをポンして早々にテンパイ。そして6巡目に勝又からman3-66-90-s-embを出アガリ、あっという間に決着をつけた。独歩以外の3者の思惑が一致し、見事具現した1局となった。

 

15回戦結果
独歩 ▲77.0
勝又健志
 +58.1
前田直哉 ▲2.2
ASAPIN +21.1

 

score_03

次回、第4節は本日8月13日13時より行われる。天鳳位vs.連盟プロ 1st season第4節

【関連記事】
天鳳位vs.連盟プロ 1st.シーズン 第2節
天鳳位vs.連盟プロ 1st.シーズン 第1節





  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です