白鳥翔、 なんでもいいから取りたかった8勝目!! ハイブリッドが ABEMASを救う!!

白鳥翔、
なんでもいいから
取りたかった8勝目!!
ハイブリッドが
ABEMASを救う!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の68日目第2戦は、白鳥翔渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

1戦目の多井のラスを帳消しにするトップで、再び4位に浮上。麻雀格闘倶楽部を6位に送り返した。

2回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして白鳥。

東1局、北家の白鳥はやドラのを切り飛ばして、ジュンチャンのカン待ちをツモアガリ。前原のリーチを潰して、まずはマンガン分のリードを築く。

東3局、白鳥はをポンして、トイトイ・サンアンコー・赤1の3000・6000のツモアガリで、リードを広げる。

リードを保ったまま迎えたオーラス、内川と瀬戸熊のリーチにヒヤリとさせられるも、2人テンパイで流局。白鳥の2020年、Mリーグ初トップとなった。

勝利者インタビューで白鳥は「シーズン終盤になってきて、(今日)1戦目、多井さんがまさかのラスを食らってしまって、何が何でも取りたいトップだったので、非常に良かったかなと思います。これからABEMASは、もちろん優勝するつもりですが、どのチームが残っても面白い試合になると思うので、ABEMASだけでなく、Mリーグを応援していただけると嬉しいと思いますと語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万7700点/+57.7
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万7900点/+7.9
3着 瀬戸熊直樹・雷電 1万4700点/▲15.3
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 9700点/▲50.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +349.4(68/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +121.7(68/90)
3位 TEAM雷電 +53.9(68/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲16.1(68/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲20.7(68/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲52.6(68/90)
7位 EX風林火山 ▲141.9(68/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲293.7(68/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月31日の対戦は
サクラナイツ vs 麻雀格闘倶楽部 vs ABEMAS vs 雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 KADOKAWAサクラナイツ vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs 渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN/雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!