鈴木たろう、ついに最下位脱出!! これぞゼウスの選択、自ら決めに行く禁断のトップ目リーチ!!

鈴木たろう、
ドリブンズが最下位脱出!!
これぞゼウスの選択!!
自ら決めに行く
禁断のトップ目リーチ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の70日目第2戦は、鈴木たろう赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。

鈴木は序盤リードしていた松本を、親番でハネマンをツモって逆転。7位の風林火山・二階堂亜樹をオーラスで箱下に沈め、ついにドリブンズが最下位を脱出。鈴木は7勝目をあげて、セミファイナル進出の望みを繋いだ。

2回戦の対局者は、TEAM雷電萩原聖人EX風林火山二階堂亜樹渋谷ABEMAS松本吉弘、そして鈴木。

松本が1回戦の勢いそのままにリードして、鈴木は4着で迎えた東4局。鈴木は、親の萩原の仕掛けに向かって、ピンフイーペーコー・ドラ1の手をリーチ・ツモ。この2000・4000で2着目に浮上し、松本を視界に捉える。

南1局、萩原の赤2のリーチに、親番の鈴木がタンヤオピンフで追いかけリーチ。そして一発ツモ! ウラが1枚乗って6000オール! これで松本を逆転する。

南3局、鈴木は松本のリーチをかわして二階堂からマンガンを徴収。

そしてオーラス終盤、鈴木は鳴いて形式テンパイを入れていた萩原のトイツ落としを見抜き、単騎でリーチをかけて、勝負を決めに行く。結果はが二階堂から出て5200点をさらに追加。

風林火山を箱下に沈め、ついにドリブンズが最下位を脱した。

勝利者インタビューで鈴木は「(試合が終わった直後)単純なミスが多かったなと反省していました。トップは嬉しいんですけど、最後(のリーチ)はギャンブルだったんで、ちょっと震える感じでした。リーチ棒は出せない状況だったんで悩みました。思い切ってリーチに踏み込みましたが、けっこう怖い選択でした。ちょっとドキドキしましたとオーラスを振り返って語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 5万3200点/+73.2
2着 松本吉弘・ABEMAS 3万1200点/+11.2
3着 萩原聖人・雷電 2万1400点/▲18.6
4着 二階堂亜樹・風林火山 ▲5800点/▲65.8

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +353.1(70/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +99.9(70/90)
3位 渋谷ABEMAS +68.8(70/90)
4位 TEAM雷電 +41.3(70/90)
5位 U-NEXT Pirates +37.9(70/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲93.1(70/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲248.7(70/90)
8位 EX風林火山 ▲259.2(70/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月4日の対戦は
雷電 vs ドリブンズ vs 風林火山 vs ABEMAS

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 TEAM RAIDEN / 雷電 vs 赤坂ドリブンズ vs EX風林火山 vs 渋谷ABEMAS

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!