松本吉弘、開局バイマン炸裂!! 滝沢和典との競り合いを制し、個人2連勝で3勝目獲得!!

松本吉弘、

開局バイマン炸裂!!

滝沢和典との

競り合いを制して、

個人2連勝で3勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕38日目、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。開局から一発でバイマンをツモった松本がリード。滝沢に逆転を許すも、マンガン直撃の再逆転で勝負アリ。松本が2連勝3勝目、ABEMASは3桁プラスを手に入れた。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲U-NEXT Pirates石橋伸洋、そして松本の4名。

東1局、北家の松本が8巡目に先制リーチ。【發】アンコ、ドラ2・赤1の【3ピン】【6ピン】待ち。一発で【6ピン】をツモってウラが1枚。4000・8000で最高のスタートダッシュを決める。

親被った滝沢は、次局に石橋からリーチ・ピンフタンヤオをアガって反撃。南場の親番2本場では、【5マン】を赤含みのポン、【南】もポンと仕掛けてマンズのホンイツサンショクのカン【2マン】待ちリーチで挑んできた黒沢を返り討ちにして12000点。

南2局4本場では、ドラの【南】を鳴いての2000・4000ツモアガリ。滝沢の猛攻で、ついにトップが入れ替わる。

勝敗が決したのは南3局1本場。松本がカン【4ピン】を赤含みでチー。【中】も鳴いて、【2マン】とドラの【4ソウ】のシャンポン待ちでテンパイ。すぐに滝沢から【4ソウ】が出て8000点の直撃。これで松本が再逆転。

オーラスは、石橋が3着キープのリーチ・ツモ・ドラ1をアガって試合終了。松本が前回の逆転勝利に続いて2連勝、個人3勝目を獲得した。

松本はインタビューで、

「チームとしてもちょっとプラスになったぐらいだったので、ここで落ちたらずるずる行っちゃうなと思ったので、(トップで)プラス100くらいになったのでマイナスから離せたかなと思います」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 4万7000点/+67.0
2着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万7500点/+17.5
3着 石橋伸洋・パイレーツ 1万3500点/▲26.5
4着 黒沢咲・雷電 2000点/▲58.0

【Total】
1位 EX風林火山 +469.5(38/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +317.3(37/90)
3位 渋谷ABEMAS +111.9(37/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +36.5(38/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲77.0(37/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲90.6(38/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲250.9(38/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲516.7(37/90)

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月7日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!