麻雀役

麻雀役の説明 ホンロウトウ麻雀役

混老頭(ホンロウトウ)とは? 数牌の1、9と字牌のみで手を揃えると成立する2翻役 – 麻雀役

混老頭(ホンロウトウ)は、出現頻度の比較的低い2翻役です。形は分かりやすいので初心者の方でも覚えやすい役ですが、アガるのは難しい役です。 性質上、必ず対々和(トイトイ)か七対子(チートイ)と複合し、それぞれ「混老対々(ホ…

麻雀役の説明 チュウレンポウトウ麻雀役

九蓮宝燈(チューレンポウトウ)とは? 特定の形のチンイツを揃えると成立する役満 – 麻雀役

九蓮宝燈(チューレンポウトウ)は、とても難易度が高く、出現頻度の低い役満です。知名度は役満のなかでも高いほうですが、目にする機会は多くありません。 最高峰の役として憧れる雀士も少なくなく、「アガれば死ぬ」という迷信も存在…

麻雀役の説明 ダイスーシー麻雀役

四喜和(スーシーホウ)は? 小四喜(ショウスーシー)と大四喜(ダイスーシー)との総称 / 役満 – 麻雀役

四喜和(スーシーホウ)は、小四喜(ショウスーシー)と大四喜(ダイスーシー)という2種類の役満の総称です。イメージとしては小三元(ショウサンゲン)と大三元(ダイサンゲン)に近いものですが、四喜和の場合はどちらも役満です。 …

麻雀役の説明 ハイテイ/ホウテイ麻雀役

海底摸月(ハイテイ)・河底撈魚(ホウテイ)とは? 最後の牌でアガると成立する1翻役 – 麻雀役

海底摸月(ハイテイ)と河底撈魚(ホウテイ)は、嶺上開花(リンシャンカイホウ)などと同様に、偶然性があり出現頻度のあまり高くない役です。海底摸月、河底撈魚ともに1翻役。 正式には「海底摸月(ハイテイモーユエ)」と「河底撈魚…

麻雀役の説明 ツーイーソー麻雀役

字一色(ツーイーソー)とは? 字牌だけを使って手を揃えると成立する役満 – 麻雀役

字一色(ツーイーソー)は、難易度が高く、出現頻度も比較的低い役満です。見た目のインパクトは大きいですが、目にする機会は多くないかもしれません。 そもそもの難易度が高いのであまり期待することはできませんが、字牌を使った役満…

麻雀役の説明 チンイツ麻雀役

清一色(チンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類だけで手牌を揃えると成立する6翻役 – 麻雀役

清一色(チンイツ)は、役満を除く通常の手役のなかでは最も高い6翻の役であり、見た目も非常に派手なので、難易度は高いですが初心者の方でも覚えやすい役です。 「清一色(チンイーソー)」が正式な呼び名ですが、「チンイツ」と略さ…

麻雀役の説明 チンロウトウ麻雀役

清老頭(チンロウトウ)とは? 数牌の1と9だけを使って手を揃えると成立する役満 – 麻雀役

清老頭(チンロウトウ)は、非常に難易度が高く出現頻度の低い役満です。混老頭(ホンロウトウ)の上位役と言える役ですが、混老頭の出現頻度もあまり高くありませんが、清老頭はさらに難易度が高く珍しい役です。 使える牌の種類が少な…

麻雀役の説明 リンシャンカイホウ麻雀役

嶺上開花(リンシャンカイホウ)とは? 槓してツモった嶺上牌でアガると成立する1翻役 – 麻雀役

嶺上開花(リンシャンカイホウ)は、非常に出現頻度の低い1翻役です。「リンシャン」「リンシャンツモ」などと略されることもあります。 鳴いていても成立しますし、どのようなテンパイ形でも成立しますが、槓をしなければいけないとい…

麻雀役の説明 イッキツウカン麻雀役

一気通貫(イッキツウカン / イッツー)とは? 1種類の数牌で1から9まで順子で揃えると成立する2翻役 – 麻雀役

一気通貫(イッツー)は、2翻役のなかでは出現頻度が比較的高く、形も覚えやすいので初心者の方でも習得しやすい役(2翻役)です。 「一気通貫(イッキツウカン)」というのが正式な名前ですが、「イッツー」と略して呼ばれることが多…