麻雀閻魔・前原雄大の超攻撃、そしてわずかなチャンスを生かしたゼウス・鈴木たろうの選択 麻雀最強戦2020「超攻撃型プロ決戦」観戦記【A卓】

最後は自らツモって3200オールと、他3者を一気に突き放した。

南2局1本場、この流れを変えようと猿川が動く。

1巡目で自風のを鳴き、

 

と立て続けにポン、あっという間にカン待ちテンパイを入れる。

しかし、それでも閻魔は止まらない。

役なしとは言え、またもこの早い巡目で親リーチ。

打点こそないが、リーチを受けた3者としてはたまったものではない。

特に猿川は、手牌4枚で前に出るしかない状況。

何とかテンパイを維持しながら抵抗を図るも・・・

前原が悠々とツモアガリ、1000は1100オール。

他3者との点差を3万点以上に広げ、早々に決勝卓の椅子を確保した格好となった。

ただ、この戦いは2位までに入れば勝ち上がりとなる戦い。

必然、勝負の行方は2位争いに絞られることになった。

次局、試合後の前原が悔やんでいたシーンが訪れる。

9巡目、安全牌候補で抱えていたが重なった場面。

ここで前原はを落として雀頭を振り替えた。

その後、たろうから待ちリーチがかかる。

このリーチを受けて、前原は手を崩した。

この局はたろうの一人テンパイに終わったが、もし前原がをツモ切り真っすぐ打っていたら待ちテンパイを組み、たろうのを打ち取っていたところだった。

もちろん、これだけ点棒を持っているのであれば、後は局を消化するだけと考えて安全を担保するのは当然のことだと思う。

しかし目に見えてアガリを逃したことは、勝負師・前原としては見過ごせないものがあったのだろう。

ある意味で救われていた形となったたろう。

その幸運を生かしたのが、親の瀬戸熊の一人テンパイを挟んで迎えた南3局4本場だった。

この局も最初に動いたのは猿川。

役牌のを鳴き、真っすぐにアガリを目指す。

ここは軽く流し、オーラスの親番勝負という構えだろう。

しかしそんな猿川よりも早く、たろうがテンパイを入れる。

ドラドラで2着浮上に必要な打点はクリア、ただしドラそばのペンという待ちは、不安が残る形だ。

暗刻はまわりの牌を引いて好形に変化しやすいこと、そして巡目が早いことなどから、テンパイを外す選択もあっただろう。

だが、たろうの下した選択は、即リーチ。

これが「ゼウスの選択」か。

ペンを一発ツモでツモり、2000-4000は2400-4400。

供託リーチ棒2本も回収し、たろうが瀬戸熊、猿川に1万点以上の差を付けた2番手に浮上した。

オーラス、たろうは自身がアガれば逃げ切り、瀬戸熊はハネ満以上のアガリを決めるか、たろうから6400以上の直撃、猿川はとにかくアガって連荘が勝ち上がりのために必須となる。

瀬戸熊、猿川は必然的に手を作らなければいけない状況。

それを見越したたろうはのポンから動いた。

後付けの形だが、は瀬戸熊や猿川に入ればトイツでない限りいずれ出てくる牌だ。

ただ、それでもこの仕掛けをするのは勇気がいるだろう。

もくろみ通り、猿川から打たれたもポン。

 

たろうの好きにやられる訳にはいかない猿川もと鳴いて応戦するが、2つ目の鳴きの時点で、たろうには既にカン待ちのテンパイが入っていた。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!