鈴木たろう、王者ドリブンズが帰ってきた!! 開幕戦を同日2連勝で最高の出来!!

鈴木たろう、

王者ドリブンズが帰ってきた!!

開幕戦を同日2連勝で

最高の出来!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕2日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。4度のアガリと放銃ゼロという完全試合ぶりを見せつけて、開幕戦2連勝という最高のスタートを切った。

開幕第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス和久津晶U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして鈴木たろうの対局。

開局は南家の和久津が好配牌を生かして、タンヤオ・ドラ2・赤3の3000・6000で先行する。

その後、場が大きく動いたのは東4局。

鈴木が5巡目にピンフ・ドラ1・赤1のリーチをかけると、親でドラアンコとなった瑞原がツモ切りで放銃。8000点のアガリで鈴木が2番手につける。

南1局・南2局は、2局続けて鈴木と白鳥のリーチ合戦。そして2局とも鈴木がアガって、和久津を逆転。

オーラスは3着争いをしていた白鳥が、和久津からタンヤオピンフ・ドラ2のヤミテンを仕留めて、ラスを瑞原に押し付けて試合終了。

初年度王者の赤坂ドリブンズが、開幕戦から同日2連勝を決めた。また昨年の覇者・パイレーツは停滞2連敗スタートとなった。

初年度覇者の貫禄を思わせる、見事な勝ちっぷりで開幕戦を勝利で飾った。

 

鈴木はインタビューで

「(2連勝について)怖いですね。去年、麻雀の怖さを実感したんで、2連勝できましたけど気を引き締めていこうと思います。今年はより初年度に戻ったつもりで油断せずに行こうと思ってます。このままプラスを積み上げ続けられたら嬉しいなと思ってます」

と語った。

【Result】

1着 鈴木たろう・ドリブンズ 4万4900点/+64.9
2着 和久津晶・フェニックス 2万3100点/+3.1
3着 白鳥翔・ABEMAS 1万7700点/▲22.3
4着 瑞原明奈・パイレーツ 1万4300点/▲45.7

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +142.6(2/90)
2位 EX風林火山 +77.9(2/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +14.6(2/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲17.6(2/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲26.4(2/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲36.2(2/90)
7位 TEAM雷電 ▲56.3(2/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲98.6(2/90)

「大和証券Mリーグ Pirates vsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ」

「大和証券 Mリーグ2020」 開幕2日目!!
8チームのプライドをかけた戦いの火蓋が切って落とされる。
2日目は、U-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ

キャスト

U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ Pirates vsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!