理想と現実の狭間で…TEAM雷電・萩原聖人の苦悩【Mリーグ2020観戦記10/23】担当記者:真中彰司

理想と現実の狭間で…

TEAM雷電

萩原聖人の苦悩

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年10月23日

10/23(金) 第2回戦

東家:白鳥翔渋谷ABEMAS

南家:萩原聖人TEAM雷電

西家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ

北家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ

Mリーグが始まって約3週間が経過した。そして今、非常事態が起きている。

あの萩原聖人が、Mリーガーの中で唯一、1度もアガリを手にしていないのである。

8チームの中で唯一ファイナル進出経験が無いTEAM雷電にとって、今年は何としてもファイナル進出、そして優勝と、とにかく結果を出したい年だ。

しかし「今季は自由に打つ」と豪語していた萩原の結果は、2戦連続の箱ラス。しかもアガリは0回。

プロ入り前から麻雀番組においてファンを魅了し続けていた、あの萩原らしい「面白い」麻雀はどこに行ってしまったのか。

視聴者に期待と不安を抱かせながら、試合は開始された。

東1局

南家に座った萩原。1面子に雀頭、そしてドラターツと、手材料は良い。

待ちに待った初アガリへの期待で、表情も前向きだ。

をツモったところで手が止まる。

そして萩原の選択はの先切り。

たしかには1枚切れでシャンポンの受けは弱い。

そして、この先切りでは格段に出やすくなる。

それが萩原の「理想」とする形だ。

しかし、の2度受けが残るこの状態でを残しても、打点や待ちがそこまで良くなるとは思えない。

引きはそもそもイーシャンテン、また引きはの2度受けとなり、これも苦しい。

今回はを引いて事なきを得たが、どこか不安定な一打だった。

そして今季の萩原はとにかくイーシャンテンが長い。

万全の体制を作っても、肝心な牌が引けない。

今か今かと、テンパイを求めている。

しかし現実は非常なもので、先切りの裏目であるを虚しくツモ切ることになってしまう。

そこに畳みかけるように、たろうから待ちのリーチが入る。

のターツ落としを見せて、いかにも両面待ちですよ、といった感じの河だ。

またアガれないのか…と思った矢先、萩原が待望のを引き入れてテンパイ!

たろうの入り目であるを威勢よく切って追いかけリーチを打った。

リーチ時点でのアガリ牌の枚数は、萩原が5枚、たろうが2枚。

アガリへの長く暗いトンネルの先に、ようやく一筋の光が見えた。

リーチ・ピンフ・ドラ1の3900点。理想通りにでアガり、萩原がようやく今シーズンの初アガリを決めた。

東2局

さて、萩原の親番。今までの負債を一気に取り返そうと気合十分だ。

意気揚々と第一ツモを取って切った、その矢先のことだった。

「リーチ」

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!