佐々木寿人、これぞ”千年に一人の手役派”!? 8000オールを決めて4勝目獲得!! 麻雀格闘倶楽部、4位に浮上!!

佐々木寿人、

これぞ”千年に一人の手役派”!?

8000オールを決めて4勝目獲得!!

麻雀格闘倶楽部、4位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕18日目、第1戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局でハネマンをアガった佐々木、道中でいったん萩原にまくられるが、親番のサンショク・一発ツモ・ドラ4の親倍を決めて、これが決勝点に。佐々木は今季4勝目をあげて、絶好調ぶりを発揮した。

第1戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM雷電萩原聖人赤坂ドリブンズ丸山奏子、そして佐々木の4名。

開局、北家の佐々木が11巡目にリーチをかけて、2巡後にツモアガリ。リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1の12000点。佐々木がいきなりハードパンチを放つ。

東2局は、親の萩原と佐々木のリーチ合戦。好調を伺わせた佐々木だったが、ここは返り討ちに合う。リーチ・ピンフ・ウラ1の5800点。

同1本場、ダブを仕掛けて(ドラ)のノベタンテンパイを入れた萩原に、魚谷のリーチが襲いかかる。結果は萩原がをツモアガってドラ1・赤1の12000点。萩原がトップに立つ。

東3局4本場は、親の丸山と魚谷のリーチ合戦。丸山の先切りを見て萩原がをツモ切ると、丸山のカンに命中。リーチ・一発の3900点で丸山が2番手に浮上。

東4局8本場、親の佐々木が11巡目にテンパイ。ダブアンコの待ちに受けるかと思いきや、佐々木はノータイムでのアンコを切ってカン待ちでリーチを宣言。345のサンショクを確定させた(ドラ)。このを一発ツモ! サンショク・ドラ1・赤1・ウラ2()の24000点! 弩級の親バイマンを決めて、ふたたび佐々木がトップ目に返り咲く。

佐々木はこの決め手をアガった後も、3900点、8000点と鬼神のごときアガリを連発して逃げ切りトップ。

佐々木は6戦4勝という絶好調ぶりで、麻雀格闘倶楽部は一気に4位にランクアップした。

佐々木はインタビューで、

「開局でハネマンをアガってから、なかなか点数を伸ばせず、やっぱり2発目を決めないことにはトップを取り切れないと思って、道中焦った気持ちもあったかもしれないですね。個人的にはだいぶいい感じでこれてると思うので、あとはチームメイトがもうすぐ頑張ってくれると思うので、早くプラス域にもどしてファンの方に安心してもらいたいと思います

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 5万9100点/+79.1
2着 丸山奏子・ドリブンズ 2万6300点/+6.3
3着 萩原聖人・雷電 1万3600点/▲26.4
4着 魚谷侑未・フェニックス 1000点/▲59.0

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +287.6(17/90)
2位 EX風林火山 +250.6(18/90)
3位 渋谷ABEMAS ▲16.8(18/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲40.5(17/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲56.5(18/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲127.4(17/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲140.2(18/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲156.8(17/90)

「大和証券Mリーグ2020 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電vsドリブンズ」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
11月3日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
実況:松嶋桃
解説:松本吉弘
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電vsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!