解説席よ見たか!岡田紗佳、大三元テンパイも飛び交う混沌の一戦を鮮やかに乗りこなす【Mリーグ2020観戦記12/14】担当記者:東川亮

テンパイを取らず好形を求める選択もあるだろう。

高宮の選択は切りのテンパイとらず。

これはピンズとマンズで6種類の雀頭受け入れがあり、マンズのリャンメンが埋まったときはノベタン待ちでリーチが打てる広い形だ。

三色も捨てていないだけに、高打点の目も残せる。

ただ、納得のテンパイに行き着く前に瀬戸熊のリーチが入る。

直後、高宮に待ちのフリテンテンパイが入るが・・・

現物を抜いた。

高宮が気持ち良く打てている、いわゆる「ベルセルク」モードのときは、フリテンとはいえ待ちが広く打点もあるだけに勝負していたような気がする。

もしかしたら成績が低迷しており、この試合も点数を失っているという展開がそうさせてしまったのか・・・。

この局の岡田はリーチの瀬戸熊の現物待ちテンパイにも関わらず追っかけリーチをぶつけていっており、立場が違うとは言え、二人の姿が対象的に見えてしまった。

ただ、次局の高宮は違った。

ジュンチャンに向かうと、さらには2枚目となる急所のペンを鳴いてのテンパイをとらず門前での進行にこだわると、自力でを引き入れて残り1巡にもかかわらずリーチ。

もちろん鳴いた方がアガリには近く、このリーチも実らなかったのだが、「ベルセルク」らしさが出たシーンだと感じた。

そしてこの試合で最も騒然となったであろう、南2局4本場に場面を移す。

前局は高宮が石橋へ7700は8600を放銃、ラス目となっている。

高宮は序盤からのターツを払った。

良形だがホンイツにもチャンタにも絡まない部分であり、この手を安くはアガらないという意思表示に見える。

ただ、重ねたかったドラが2枚飛んでしまったということでドラ切り。

のくっつきは見ない。

をポン。

しかし字牌を切ってリャンメンターツは残し、いったんはアガリを色濃く見た手組みをする。

もポン、2600のテンパイ。

一手変わりトイトイで満貫も見えるが・・・。

ツモ、これは事情が変わった。

待ちのままならすんなりアガれそうではある。

しかしもう1枚を引けば、高目大三元のテンパイとなる。

高宮はを残してイーシャンテン戻し。

この時点で何と、は全て山にあった。

そして高宮は、3枚の中の1枚目を引き寄せる。

つまり、はまだ山に2枚残っている。

安目は山になく、アガリがあるなら役満・大三元だ。

他から見れば、二つ鳴いている高宮が中盤に少考からのターツを払い、さらに手出しで

明らかに異常事態である。

これを見てヤミテンを入れていた瀬戸熊はオリ、岡田はを引いたが当然切らない。

この局の焦点は残る1枚のの行方に絞られたかに思えたが・・・。

場を、そして視聴者をさらなる混沌の渦にたたき込んだ者がいた。

今シーズンのMリーグでことあるごとに話題を提供し、ファンを沸かせているカルトヒーロー。

そう、石橋である。

ペン待ち役なしテンパイ。

場にはが全く見えておらず、大三元は否定されていない。

にも関わらず石橋は場を一瞥すると、なんとリーチをかけたのだ。

石橋なりの勝算があってのことだとは思うが、この待ちはすでになかった。

一方では1枚残っており、高宮の大三元成就の可能性は単純計算で倍になっている。

高宮が見事大三元をアガるのか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!