黒沢咲、個性と個性の大激戦、セレブ麻雀を貫き通す!! 雷電5位に返り咲き!!

黒沢咲、

個性と個性の大激戦、

セレブ麻雀を貫き通す!!

雷電5位に返り咲き!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕52日目、第2戦は黒沢咲TEAM雷電)が、トップを獲得。序盤は小林がリードしていたが、南1局の親でマンガンをツモアガった黒沢が逆点。そのまま逃げ切って4勝目を獲得。チーム順位を5位に回復させた。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹セガサミーフェニックス茅森早香、U−NEXT Pirates・小林剛、そして黒沢咲の4名。

開局は、親の黒沢がツモ・赤1の1000オールをアガって迎えた1本場。西家の小林が1巡目から自風のを仕掛けて、・ドラ2・赤1の2000・4000をツモアガリ。

東2局1本場も、小林は11巡目にリーチをかけて、西家・茅森からリーチ・ピンフ・ウラ2の8000点を討ち取り。序盤は小林がリードを重ねる。

しかし東4局、二階堂が高めタンヤオイーペーコー・ドラ2・赤1の8000点を小林から直撃。二階堂がトップ目に。

さらに南1局1本場には、親の黒沢が9巡目に高めタンヤオピンフ・赤1の待ちでリーチをかけて、高めをツモアガリ。4000オールで黒沢がトップに立つ。

南2局には茅森がリーチ・ツモ・サンショクのカン待ちをツモって2000・4000。この時点で小林がラスに落とされる。

しかし小林、南3局の親番で粘ってタンヤオ・赤1の待ちをポンテンに取るとをツモアガリ。2000オールで3着に浮上。

南4局2本場は、マンガンツモでトップの二階堂がピンフ・赤1の待ちでリーチ。一発・ツモかウラ1で条件をクリアする。

しかし、小林が切ったリーチの現物・を黒沢が鳴いてテンパイ。ドラ1・赤1の待ち。このを二階堂が掴んで放銃に回る。3900点の2本場。4500点とリーチ棒を失い、二階堂は600点差で3着に転落。黒沢トップ、小林2着で試合終了となった。

黒沢はインタビューで、

「個人的にも昨年末に2連続ラスを引いていて、ちょうどそこでお休みがあってよかったんですけど、年明けの一戦で瀬戸熊さんと萩原さんがかっこよくプラスを重ねてくれたので、ここで私がひどい成績だと申し訳なくなってしまうので、トップを取れてよかったです」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万3400点/+63.4
2着 小林剛・パイレーツ 2万1600点/+1.6
3着 二階堂亜樹・風林火山 2万1000点/▲19.0
4着 茅森早香・フェニックス 1万4000点/▲46.0

【Total】
1位 EX風林火山 +340.9(52/90)
2位 渋谷ABEMAS +270.7(52/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 75.3(52/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ 9.6(52/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲62.4(52/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲110.1(52/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲174.0(52/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲350.0(52/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsPirates vsフェニックスvs雷電」

詳細情報
EX風林火山vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月5日の対戦はEX風林火山vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!