【麻雀最強戦ブロマガ】麻雀最強戦2016 歴代最強位代表決定戦レポート





沢崎、得意の「引き出し」で決勝進出!

歴代最強位代表決定戦は、同時に最強戦の歴史を思い起させる場でもある。対局開始前、配信の解説を務める張敏賢(第19期最強位)が各選手に熱心にインタビューをしていた。
0928_04

張「放送を見る人には、各最強位がどのような時代に、誰を相手に、どんな勝ち方をしたのか知らない人も少なくない。ですから、解説の中でそこにも触れていきたいと思いまして」

初代最強位の片山まさゆきから現最強位の前田直哉まで実に25年以上の隔たりがある。片山や小島武夫(第2期最強位)が優勝したのはバブル時代の真っただ中。片山が雀鬼会会長の桜井章一さんの代走として出場し、そのまま優勝したこととや、小島が優勝した後、会場地下のバーで関係者全員に奢って賞金を一晩で使い果たした話を知らない人も多いだろう。

第12期最強位の森山茂和は、準決勝で故・安藤満や前原雄大を相手に勝ち上がり、決勝では沢崎誠(2013最強位)や、多井隆晴を倒して優勝している。また、オーラスを四暗刻ツモで逆転優勝し、表彰式ではプレゼンターから「見事な役満だった。感動した!」と小泉純一郎・元総理の名セリフをもじった挨拶をされた鈴木たろう(第15期最強位)。そして、福田聡(第20期最強位)が勝った時は、初めてニコニコ生放送で対局が配信された記念すべき年でもある。

そんな新旧レジェンド達が集う今回の代表決定戦。A卓は鈴木・水沼利晃(2012最強位)・小島・沢崎の組み合わせで始まった。
0928_05

多くの人が本命視していたのが鈴木たろうだったが、南1局の親で、沢崎のタンピンイーペーコードラ3のハネ満に放銃し、圏外に去る。
0928_060928_07

残り3人が僅差の競り合いの中、南3局でトイトイをアガった水沼が一歩リード。
0928_080928_09 残る1つの椅子をラス親・沢崎と小島が争う構図となった。
0928_10このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。⇒ http://ch.nicovideo.jp/mahjongsaikyosen/blomaga/ar1098699





  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です