オーラスの逆転劇よ再び 団体を背負って戦い勝った、女流桜花・川原舞子 麻雀最強戦2021「女流チャンピオン決戦」観戦記【決勝卓】

IMG_1295

黒沢のアガリ形をじっと見つめる。

その後、さすがに落胆したような表情を浮かべた。

次局の川原の配牌。

ハネ満ツモ条件が残ったとはいえ、条件を満たすにはあまりにも遠い。

親の黒沢は6巡でこの形。

既にリャンメン2つのイーシャンテンでドラもあり、満貫ツモにでも仕上げれば、もう1局やるとはいえ他3者に倍満ツモ以上の条件を突きつけられる。

川原は中盤でやっと2メンツができ、を切った。

一気通貫を見てソーズの愚形ターツを残していたが、ここまできたらリーチタンヤオ平和ドラ1をツモって裏、というルートの方がよさそうだ。

が入ってのテンパイは取らない。

平和ドラ1の手をハネ満ツモに仕上げるには、リーチツモに加えて一発や裏ドラで2翻を補う必要があり、あまりに条件が厳しいからだ。

もしこの後にを引いたなら、どうせツモ条件なのでフリテンリーチをかける考えだったと思われる。

それに、まだ最高の入り目が残っている。

ツモ

それが川原の待ち望んだ、逆転に至る最も重要なピースだった。

ノータイムでのリーチ宣言は、リーチタンヤオ平和ドラドラ、ツモれば文句なしのハネ満。

待ち牌のは山に残り2枚、あとは運を天に任せるだけ。

願いを込めて伸ばした右手の先に・・・

その牌はあった。

予選に続く、オーラスでの逆転劇。

この日一番強かったのは、Mリーガーでも女流雀王・女流最高位でもない、女流桜花・川原舞子だった。

亜樹は、何度か入った勝負手がことごとく空振ったのが痛かった。

最後は厳しい条件を突きつけられてしまったが、どれか一度でも決まっていれば、展開は全く違うものになっていたはずだ。

ただ、これが麻雀であり、一発勝負の怖さでもある。

魚谷侑未も、一度は優勝に手がかかるところまで迫ったが、一歩及ばなかった。

ただ、粘り強さやフリテンリーチに踏み切ってツモる勝負勘は十分に発揮したと思う。

負けはしたものの、その存在感は抜群だった。

黒沢は試合後のインタビューで、最後の川原のリーチに対して一発消しをしなかったことに言及した。

 

結果論だが、もし魚谷がリーチ後に切ったを出来メンツからチーしていれば、川原のツモアガリを一旦は阻止できていた。

ただ、これを鳴かずに戦い、勝ってきたのが黒沢だ。

自身の麻雀を貫いて敗れたことに、ファンも悔しさこそあるものの、満足したところもあったかもしれない。

「変顔の女王」などと奇妙なニックネームをつけられた川原は、勝利インタビューでやっと表情を崩した。

顔でアピールせずとも、麻雀で自らの存在価値を示した一戦。

初めての舞台に、団体の代表として臨む。

そのプレッシャーたるや計り知れないものがあっただろうが、それを力に変えて戦い抜いた。

きっとこれからますます活躍し、強くなっていくだろう。

ファイナルが行われる12月、彼女がどのような打ち手になっているか、楽しみだ。

川原プロ、優勝おめでとうございます!

ファイナルでのご活躍を期待しております。

  • IMG_1295

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!