【クイズ】解けたら君も最強戦ファイナリスト【文・渋川難波】

IMG_1295

現在Mリーグがセミファイナルへの中断期間ということで、このコラムで取り上げるべき素材が見つかりません。
しかし、一度でもこのコラムを休んでしまうと僕は二度と立ち上がれないと判断したので、今回は竹書房主催の「麻雀最強戦」から、取り上げていきたいと思います。
Mリーグも熱いですが、麻雀最強戦も熱いです!

それでは今回取り上げる局面は、「現女流桜花」川原舞子プロの選択です。
絶対トップ条件の半荘として、オーラスのこの局面何を切りますか

 

 

【1マン】【1マン】【7マン】【7マン】【7マン】【7ピン】【7ピン】【7ソウ】【7ソウ】【7ソウ】【南】【西】【西】【中】 ドラ【6ソウ】

(トップ魚谷と15900点差、供託1本、一本場、 【1マン】が2枚切れ)

解答

【1マン】

解説
まず、条件を正確に確認するところから始めます。条件が間違っていたら、方針を立てても意味がありませんからね!
川原プロがトップになるには、ツモ和了だとハネマン以上(供託リーチ棒があるので、ハネツモが足りる)
出和了だと、魚谷プロからはハネマン以上、他二人からは倍満以上
つまり、最低でもハネマンを作る必要があります。
さて、それを念頭においてこの手を見てみましょう。
四暗刻イーシャンテン。しかし、【1マン】は2枚切れている。
②7の3色同刻のイーシャンテンでもある
③仮に【7ピン】【1マン】をポンしても、ツモればトイトイ三暗刻三色同刻なので条件を満たす

目に見える情報はこの辺りでしょう。
そしてこの情報だけなら、素直に【中】を切ってイーシャンテンに取る人がほとんどではないでしょうか?なんせ、【1マン】【7ピン】が切られてしまってもポンができるのです。
しかし、川原プロは力強く【1マン】を切りイーシャンテンを崩しました。この時の思考を読み解いていきましょう。

①いくらポンできるとは言っても、【1マン】がないハンデは大きすぎる。ポンしても自分で引いても和了牌はMAXで2枚、しかもツモ限定
②巡目はまだまだ早いから、作り直す時間は十分ある
【中】【南】もどちらも一枚も切れていないので、どっちを逃しても痛すぎる
④仮にすぐ【7ピン】【西】と引いてツモ和了を逃したとしても、出和了の効く四暗刻単騎になるからまだやり直しはできる

この辺りでしょう。
確かに冷静に考えると、この巡目なら2枚切れの【1マン】を切った方が良さそうです。
しかし決勝の舞台で、このイーシャンテンを崩せる胆力は素晴らしいの一言でしょう。


このテンパイ外しから、見事図のようなテンパイを入れたのですが、残念ながらこの局は親の黒沢プロの和了となってしまいました。
しかし川原プロは次局も諦めず、見事ハネマンツモをものにして優勝したのです。


それを呼び込んだのは、この局の意思のある【1マン】切りだったと思います。
和了を焦る時ほど、余裕が大事ということがよく分かります!
それでは、また!

対局はこちらから視聴できます

渋川通信

最強戦のコーナーに、僕も少し出演しています。かなりん試練の道、是非見てください!

  • IMG_1295

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!