堀慎吾、微差のリードを堅守!! 手に汗握る大接戦をトップで逃げ切り!!

堀慎吾、

微差のリードを堅守!!

手に汗握る大接戦を

トップで逃げ切り!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル1日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。一進一退の攻防の末、四者の点棒はほぼ横並びでオーラスへ。微差のリードを守りきった堀が、トップでゴールイン。緒戦トップの風林火山・滝沢は4位でフィニッシュ。チーム順位も4位へ降着となった。

第2戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智渋谷ABEMAS白鳥翔 、そして堀の4名。

東3局2本場で南家の藤崎がリーチ・一発・ツモ・ウラ1の2000・4000をアガると、次局には北家の堀が藤崎からリーチ・一発・チートイツの6400を討ち取る。

南2局には、ラス目の滝沢がリーチ・ツモ・ピンフ・赤1の1300・2600をアガって徳俵で踏みとどまる。

結果的に誰も抜け出せないまま、決着はオーラスの2本場にもつれ込む。

トップ目の堀が2万8800点、ラス目の白鳥が2万1700点という大接戦。その白鳥が8巡目にドラの【白】を切ってリーチを宣言。すると親の藤崎がこれをポン。

さらに自風の【北】を鳴いている堀が3副露でテンパイ。誰がトップになるのか、皆目予想ができない展開。

そして滝沢にもテンパイが入るが、テンパイ打牌の【1マン】が白鳥に御用。白鳥が3着に浮上して試合終了となった。

堀はインタビューで、

「安心しました。うれしいです。あんまりアガれなかったんですけど、結果トップでよかったと思います。セミファイナルが始まったばかりですけど、これからいい麻雀を打って盛り上げていけたらなと思っています。応援よろしくお願いします」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 2万8800点/+48.8
2着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 2万5900点/+5.9
3着 白鳥翔・ABEMAS 2万5300点/▲14.7
4着 滝沢和典・風林火山 2万000点/▲40.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +320.5(2/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +277.9(2/16)
3位 赤坂ドリブンズ ▲1.6(0/16)
4位 EX風林火山 ▲34.6(2/16)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲105.2(0/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲126.3(2/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ1日目」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月12日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:近藤誠一
解説:魚谷侑未
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!