西原理恵子 & 山崎一夫 でかぴんじゃない麻雀入門プラス その19

こんにちわ。

近代麻雀本誌のコラムでかぴん麻雀入門はしばらくコロナ関連が続きそうです。

なので、こちらで麻雀関連のツイートと文字数不足分の補足です。

よろしくお願いします。

 

2月7日

中ぶくれに多いパターン。

枚数の多い安めを引いて安めでアガリそう。


【追記】

中ぶくれはピンフ作りで好まれますが、イイペイコ完成は意外と少ない。

チートイツ【赤5ピン】を引いて、ドラの【7ピン】でアガリるって難しそうでしょ。

それとテンパイした時点で待ち枚数が亜リャンメンやノベタンの6枚以下も多い。

1223は中ぶくれとは言えません。

 

2月9日

イッツーと三色ではほぼ後者が有利。

【1ピン】【9ピン】どちらから切るかですが、赤麻雀では678の三色はあっさり崩れるので、2面残しの【1ピン】
しました。


【追記】

これは自信無し。

首尾よく【7マン】を引いたら【9ピン】切りのカン【4ピン】待ちで三色リーチですが、それなら最初から【9ピン】切りでヒッカケの【5ピン】切りが良さそうだし。

なおドラ1枚ならリャンメンにします。

平均得点よりも失点回避とツモチップ期待で。

 

2月10日

安めなのでスルーして、次巡上家の【8マン】をポン。

【4マン】鳴いておけば三アンコだった?


【追記】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!