松本吉弘VS瀬戸熊直樹 若きヒットマンと猛獣熊、奇しくも同じ構えの先には…… 【Mリーグ2022-23観戦記11/25】担当記者:渡邉浩史郎

松本吉弘VS瀬戸熊直樹
若きヒットマンと猛獣熊、
奇しくも同じ
構えの先には……

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2022年 11月 25日

第1試合

東家:松本吉弘(渋谷ABEMAS)
南家:茅森早香(セガサミーフェニックス)
西家:瀬戸熊直樹(TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

いよいよ年の瀬が迫ってきた。

一年の締めくくりとなるこの時期、麻雀界でも多くのタイトル戦の決勝が行われる。
最高位決定戦では竹内元太プロが戴冠、雀王決定戦では浅井堂岐プロが戴冠したのは記憶に新しいだろう。

本日出場の松本も雀王決定戦にて最後まで優勝を争っていた選手の一人。

初の自団体最高峰の決定戦、そこで惜しい敗北を経験したからこそ、また松本の気迫と雀力は上がっているといえよう。直近の逆連対の流れを断ち切りたいところだ。

そしてこれから大舞台を控えているのが現最強位:瀬戸熊だ。
現在公開中の『麻雀最強戦 the movie』では昨年の最強位を取るまでのプロセス、そこに至るまでの数々の最強戦出場者たちの思い、そして前最強位:多井との関係性が語られている。まだご覧になっていない方にはぜひとも見ていただきたい。

今年も12月10日・11日の二日にかけて最強戦ファイナルが行われる。今日の対局も含めて、当日に至るまでの全ての対局が瀬戸熊の力となるのだ。

奇しくも本日の対局は大舞台を戦い抜いたものとこれから控えているもの、この二人の鬼気迫るぶつかり合いとなった。

まず先制したのは松本。【東1局】、快調に4000オールのツモアガリからスタート。

続く【東1局1本場】は内川の先制リーチを受けて……

瀬戸熊がツモ番は無いながらもドラ3で追いつく。内川のツモ切り牌一点にかけたリーチを打つも……

ここは流局。松本は少ない失点で親を落とせた。

【東2局2本場】でも瀬戸熊の手は淀みなく聴牌が入る。

光の加減か、本日は特に気合が入っているように感じられる。こういう日の瀬戸熊はかなりツモりアガりそうな雰囲気があるが……

ここも流局。二連続の高打点だったがアガリには恵まれず。

【東2局3本場】

瀬戸熊の一掻きが決まったのはこの局。瀬戸熊はこの形から【8ピン】を切っていった。
供託が三本落ちているので【白】を重ねるメリット・絞るメリットも大きく、【8ピン】を残しても【7ピン】引きで結局【3ピン】【6ピン】【9ピン】二度受けになるならというのが主な思考だろうか。

これが最高の牌を引き寄せる。供託を拾いに行くダマもあるが、瀬戸熊は強気にリーチ!

そして【白】は内川に対子だった。絞った結果【3ピン】を引き入れたのは結果論。しかし内川に先制で【白】を仕掛けられて自由に動かれないようにしたのは間違いなく絞ったメリットだといえよう。

供託四本でアガリに行った内川から【3ピン】を召し取る! 打点こそ2000点だが、本場で900・供託で4000点加算と大きな収入になった!

【東3局】

前局アガっての親番。ここは手なりで先制リーチを打ち、子方の足を止めるのが本流の配牌に思えたが……

おもむろに手役が見えてくる。6の三色同刻だ。ちなみにMリーグでは三カンツと並んでまだ出ていない役である。

【西】を暗刻にして、門前なら三暗刻が見えてきた!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊