麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【A卓編】まさに根比べの開幕戦!与那城、桜川、石田、水口、行き詰まる攻防

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「華麗な技」観戦記A卓編

まさに根比べの開幕戦!

与那城、桜川、石田、水口、

行き詰まる攻防

【予選A卓】担当記者:真中彰司 2019年2月23日(土)

 

麻雀最強戦開幕!

頂点を狙う女達の仁義なき我慢比べ、

 

『日本で一番麻雀が強い奴は誰だっ!!』

 

2019年2月23日。今年も最強の雀士を決める戦いが開幕したっ…!

今年で記念すべき30回目を迎える麻雀界の圧倒的大イベント、麻雀最強戦。

各界の厳しい予選を勝ち抜いた16名の兵(つわもの)のみがファイナルへと進出できる。

そのうちの1枠を賭けた女流雀士の世界大戦、女流プレミアトーナメント。

32名を4ブロックに分け、各ブロックの勝者4名で1半荘勝負を行い優勝者を決定する。

つまりファイナルに進めるのは、32人中たった1人…残雪を溶かす程の熱戦が、今ここに始まる。

今回は予選第1ブロック、「華麗な技」予選A卓の観戦記をお届け。

さっそく出場者を紹介!

役満ヘビーローテーション 与那城葵(最高位戦)

昨年は初出場ながら、プレミアトーナメント「美女の乱」で優勝。

衝撃の最強戦デビューを飾るも、決勝では成す術なく3位で敗退してしまった。

その後、敗者復活戦に出場して決勝卓オーラス、

あと3巡を凌げばファイナル進出というところまで迫ったが、

渡辺洋香(最高位戦)に満貫ツモで逆転され2位という結果に…

今年こそファイナルに進出したい!名古屋の豪腕ガールが今年も嵐を呼ぶ。

 

最凶メガロリ乙女 桜川姫子(連盟)

最強戦の衣装と言えばスーツが一般的だろう。しかし、桜川姫子は違う。

なんと真っ黒なロリータ服に身を包み登場。

「今回だけの特注の衣装じゃないの?」

と思った皆さん。

常勤している渋谷の雀荘「オクタゴン」でもこの格好です。いや本当の話。

夕刊フジ杯の個人戦決勝にも残るなど、着々と経験値を積み上げている。

2017年の最強戦ガールが、満を持してプレミアトーナメントに初参戦!

 

リトル・マシンガン 石田亜沙己(連盟)

かつての最強戦ガールも、プレミアトーナメントではすっかりお馴染みの顔に。

去年はプレミアトーナメント「女達の秘技」で決勝卓まで進むも、愛内よしえに敗れ3位に終わった。

愛する息子、しんちゃんを想いながら戦うママ雀士。

同郷・名古屋の与那城にも、最強戦ガール後輩の桜川にも負けるつもりは毛頭ない!

 

氷の微笑 水口美香(協会)

2017年にプレミアトーナメントで優勝し、ファイナルに出場した経験を持つ。

ファイナルではラス親で箱下から満貫ツモ条件にまで盛り返し、猿川真寿を追い詰める大健闘を見せた。

2018年はプレミアトーナメント「女流王者の極」で敗退したが、

夕刊フジ杯でも2年連続で個人戦決勝に残るなど、ここ数年の勢いは出場者の中でもピカイチ。

再びファイナルの舞台へ進むべく、卓上に吹雪を起こせるか。

席順は起親から桜川-与那城-水口-石田の並びに。

東1局、最初に仕掛けたのは水口。をポンしてマンズのホンイツに一直線。

「初出場の親番、この仕掛けに向かってこられるかしら?」

と、桜川に挑戦状を叩きつけていく。

その圧力を跳ね返すかのように、桜川が待ちの親リーチをかける。

緊張で手が震えているが、まずリーチを宣言できて一安心といったところか。

震える手でをしっかりとツモり、裏ドラも乗せて4000オール!

初出場の1局目で幸先の良いスタートを切った。

しかし、4000オール程度のリードで通過できるほど甘くないのが最強戦。

東1局1本場は水口が清一色・一気通貫の跳満をツモり、桜川に親被りを浴びせた。

2人が抜けだしたところで東2局、与那城の親番。

水口がを暗槓して臨戦態勢に入り、ターツ選択に。

場にはが多く切られていたが、

も3枚切れていたため冷静に打

さすがは優勝経験者、慌てずに落ち着いている。

すると次巡、を引き入れて待ちの両面リーチを入れた。

自分からが3枚ずつ見えているため、

特には絶好の狙い目だ。

ドラこそ無いが、ツモれば裏1で満貫が見込める。

このリーチに飛び込んでしまったのが、親番の与那城。

をポンして粘るも、

この形でテンパイが入りで放銃となってしまった。

すると裏ドラが

リーチのみの手がドラ4の満貫に化けた。

終盤だったため、も非常に危険ではあるのだが、

水口にこれ以上離されたくないという焦りが放銃を生んでしまった。

まだ南場の親番が残っているため、

1500点の手でそこまで無理をする必要は無かったように感じるが…

これも一発勝負ならではのプレッシャーなのか。

続く東3局は流局し、ここまで我慢を続けてきた石田の親番がやってきた。

ドラのが対子で、7巡目で三色が見えるイーシャンテン!

チャンタなどに変化すれば、8000オールまで見える。

しかし、ここで水口のゲーム回しの上手さが光った。

タンピン一盃口のイーシャンテンからを両面でチー。

すぐに桜川から出アガって、1000点で石田の親番を流すことに成功。

…なんという冷酷なチー。他家のアガリを許さない、まさに氷の女王。

このような普段なら絶対にしないようなチーも、トップ目のみに許された特権である。

試合は南場に移行し、南1局で桜川が水口から12000を直撃することに成功。

37900点持ちで親を手放し、トップ目で残り3局を消化する立場となった。

しかし、この3局が永遠のように長いのもまた最強戦である。

ここから他家3人の怒涛の猛反撃が始まる。

まずはここまで息をひそめていた石田が、

待ちの片方を暗槓されながらも

強引にをツモアガって2000-4000と大きく迫ってくる。

そしてここからの水口の親番が圧巻だった。

流局と1500点を挟み、南3局2本場で一気通貫を完成させて4000オール。

この4000オールで持ち点は5万点を越え、あとは伏せて石田の親を流すだけ…

が、しかし。

「倍プッシュだ‥!」

水口は攻撃の手を緩めなかった。このあたりも経験の成せる業か。

オーラスで石田が必死に連荘してくるのは明らか。

なるべく2着目の桜川との点差をつけておくために、氷の女王は熱く攻め続けた。

この局で桜川はオリを余儀なくされ、痛恨の1人ノーテン。

石田との点差が更に詰まる展開となってしまう。

この時点で半荘は2時間を超える大熱戦となり、試合は我慢比べの様相を呈してきた。

その中でもひときわ意地を見せたのが、ここまでアガリの無かった与那城。

2着に残るためには2局連続で跳満ツモ条件という厳しい条件の中、

なんとかチートイツ・ドラドラのテンパイを入れる。

単騎選択に悩むところだが、与那城はドラ筋を打たないように単騎を選択。

この強気の単騎選択が功を奏し、見事な3000-6000のツモアガリ。

オーラス跳満ツモ条件にまで漕ぎつけた。

そして迎えたオーラス、石田は満貫ツモ、与那城は跳満ツモで逆転できる。

この2人をどうしても止めたいのは、現在2着の桜川。

しかし上の手から1枚目のはスルー。

残った形はあまり良くないが、上がれば通過の局面。

ここは鳴いて役を確定させた方が良いように感じる。

「リーチ」

そして3巡後、ついに来た。恐れていた石田からの親リーチ。

石田はここまでの我慢をぶつけるかのように、勢いよく牌を横に曲げた。

どちらでも一盃口がつく、12000点確定の手に仕上がった。

桜川も一発は消してなんとか粘ろうとしていた。

そこに持ってきたのは4枚目の

は現物なので更に回ることもできるが、南2局からずっと我慢してきた展開。

 

「ここに来て、まだ耐えなければならないのか…」

 

苦悩の末、打ち出された牌は…だった。

 

これで石田が2着目の桜川から値千金の12000直撃。

最初から手が入らず、他家にツモられ続け、

親番のチャンス手も水口に流され…ここまで放銃せずに凌いできた我慢がついに実った。

オーラス1本場は桜川が高めツモ裏1条件のリーチをかけるも、流局して勝負あり。

A卓からは水口美香石田亜沙己が決勝卓進出となった。

安全に通過するための判断力と、正確な卓回しが光った水口。

我慢強く打ち回し、少ないチャンスをものにした石田。

経験豊富な2人が、新進気鋭の若手2人に力の差を見せつける結果となった。

与那城は東2局での放銃が悔やまれるものの、

跳満条件を作るなど見せ場はあったので、また来年も頑張ってほしい。

桜川はオーラスでの放銃が痛恨だったか。

満貫2回のリードを守り切れずに敗退したものの、

勢いは十分感じられたしキャラクターも個性的なので、今後もぜひ各方面で活躍してほしい。

 

そして水口と石田には、休む間もなく決勝卓が待っている。

トップ以外意味の無い半荘で、2人がどんなドラマを巻き起こすのか注目だ。

【関連記事】

麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【B卓編】

麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【決勝卓編】

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV