麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【B卓編】都美、小笠原、岡田、塚田、オーラス大接戦の攻防

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「華麗な技」観戦記B卓編

都美、小笠原、岡田、塚田、

オーラス大接戦の攻防

【予選B卓】担当記者:危険な鬼太郎 2019年2月23日(土)

 

……この接戦を制した要素は何か?

 

東一局一本場から場が動く

岡田がドラを暗刻のピンフをダマテンに構える。

これが仮に1着にしか意味がない戦いならば、ツモってハネマンを目指すべきだが、予選は2着までに入ればいいトーナメント戦。

ここでマンガンの加点は大きい。プロ歴3年とは思えないほど冷静な判断だ。

これを見事に小笠原からとらえてマンガンの出アガリ。

アガる前から手が震えていた岡田もこれで少しは落ち着けたか。

 

ビハインドを背負った小笠原は次局の親でをポン。

ドラドラの5800聴牌で待ちの両面に取る。

だが、が3枚切れなのでシャンポンにとる手もあったように感じた。

塚田も追っかけリーチ

見事にラス牌のツモに加え、裏ドラも2枚乗せての2000-4000!

ちなみに塚田はリーチ後にドラのを掴んでおり、

もし小笠原がドラとのシャンポンに受けていれば12000を打ち取れていたという悔しい結果となった。

東四局、岡田の先制リーチ。何本リーチ棒を出すんだってぐらいに場が沸騰している。

岡田も点数をいくらかはリードしているものの3着目とはたった2000点しかない。

突き放して自分の優位を守りに出た。

岡田のリーチ直後に聴牌した小笠原。

何で待ちのドラドラなのに迷っているのかというとがフリテンだからだ。

岡田のリーチが入ったとなるとを切ってドラとのシャンポン待ちもあり得る。

なにしろ自分は東一局にマンガンを放銃しているからだ。

小笠原の選択はを切っての

待ちのフリテンリーチ!

場には自分が切った以外の牌は出ていない。

ならば山に絶対にいる。ドラとのシャンポン待ちはフリテンでこそないが、

山に残っているかわからないのでリーチはできない。

見事にフリテンのをツモってマンガン!

東一局にマンガンを振り込んだものの、これで振り出しに戻した。

 

南二局一本場、親の小笠原がをポン!

それを見た塚田もすかさず自風のを鳴いて聴牌を取る。

1位の岡田をまくって安全圏には立っておきたいが、小笠原のスピードにも対抗する。

塚田と小笠原の鳴きを見た都美もの形でチー!

タンヤオのカン待ちの聴牌を取る。

小笠原や塚田がアガってしまうと自分がドンドンきつくなってしまう。

そうならない為には常に場が軽くならなければいけない。

都美のクレバーな仕掛けだなと思った。

親の小笠原もに続いてを鳴くものの、いまだイーシャンテン。

塚田はをつかみ迂回。を落とす。

小笠原の最終手出しがとはいえやはり本線はホンイツに言っていたかのように見える。

ドラマタギのは押せないか…。

都美から合わせられたをチーして打

小笠原がペンドラ1の聴牌。

これに対して塚田が驚きの一打を見せた。

を引いてのカン聴牌で打。小笠原に5800放銃。

小笠原にホンイツがないとはいえ最終手出し

で放銃すれば5800以上のアガリは分かりきっている。

カンの3900聴牌では割に合わない押しだと思う。

しかしその塚田、南3局に一発ツモ

リーチ一発ツモ三色ドラ1。見事なハネマンでラスから大トップになった。

オーラスは1000点差の激戦になったものの小笠原がアガリ切って決着をつけた。

【予選B卓結果】

1着 塚田美紀

2着 小笠原奈央

3着 都美

4着 岡田紗佳

 

決勝に見事に勝ち進んだのは

A卓からは水口美香、石田亜沙己

B卓からは塚田美紀、小笠原奈央

タイプが違う四者の麻雀。四者の素らしい技が決勝では披露されることだろう。

惜しくも予選を敗退した都美と岡田も素晴らしい麻雀を披露していたし、

素晴らしい登場シーンを我々に披露してくれた。

麻雀プロとモデルのプロの二足の草鞋を履いている

彼女だからこその入場シーンだなと感じたので最後に画像を張っておきたいと思う。

最強戦史上、一番カッコイイ入場だと感じたシーンであった。

【関連記事】

麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【A卓編】

麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【決勝卓編】

危険な鬼太朗
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎
この記事のタイトルとURLをコピーする