麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「華麗な技」観戦記【A卓編】まさに根比べの開幕戦!与那城、桜川、石田、水口、行き詰まる攻防

その圧力を跳ね返すかのように、桜川が待ちの親リーチをかける。

緊張で手が震えているが、まずリーチを宣言できて一安心といったところか。

震える手でをしっかりとツモり、裏ドラも乗せて4000オール!

初出場の1局目で幸先の良いスタートを切った。

しかし、4000オール程度のリードで通過できるほど甘くないのが最強戦。

東1局1本場は水口が清一色・一気通貫の跳満をツモり、桜川に親被りを浴びせた。

2人が抜けだしたところで東2局、与那城の親番。

水口がを暗槓して臨戦態勢に入り、ターツ選択に。

場にはが多く切られていたが、

も3枚切れていたため冷静に打

さすがは優勝経験者、慌てずに落ち着いている。

すると次巡、を引き入れて待ちの両面リーチを入れた。

自分からが3枚ずつ見えているため、

特には絶好の狙い目だ。

ドラこそ無いが、ツモれば裏1で満貫が見込める。

このリーチに飛び込んでしまったのが、親番の与那城。

をポンして粘るも、

この形でテンパイが入りで放銃となってしまった。

すると裏ドラが

リーチのみの手がドラ4の満貫に化けた。

終盤だったため、も非常に危険ではあるのだが、

水口にこれ以上離されたくないという焦りが放銃を生んでしまった。

まだ南場の親番が残っているため、

1500点の手でそこまで無理をする必要は無かったように感じるが…

これも一発勝負ならではのプレッシャーなのか。

続く東3局は流局し、ここまで我慢を続けてきた石田の親番がやってきた。

ドラのが対子で、7巡目で三色が見えるイーシャンテン!

チャンタなどに変化すれば、8000オールまで見える。

しかし、ここで水口のゲーム回しの上手さが光った。

タンピン一盃口のイーシャンテンからを両面でチー。

すぐに桜川から出アガって、1000点で石田の親番を流すことに成功。

…なんという冷酷なチー。他家のアガリを許さない、まさに氷の女王。

このような普段なら絶対にしないようなチーも、トップ目のみに許された特権である。

試合は南場に移行し、南1局で桜川が水口から12000を直撃することに成功。

37900点持ちで親を手放し、トップ目で残り3局を消化する立場となった。

しかし、この3局が永遠のように長いのもまた最強戦である。

ここから他家3人の怒涛の猛反撃が始まる。

まずはここまで息をひそめていた石田が、

待ちの片方を暗槓されながらも

強引にをツモアガって2000-4000と大きく迫ってくる。

そしてここからの水口の親番が圧巻だった。

流局と1500点を挟み、南3局2本場一気通貫を完成させて4000オール。

この4000オールで持ち点は5万点を越え、あとは伏せて石田の親を流すだけ…

が、しかし。

「倍プッシュだ‥!」

水口は攻撃の手を緩めなかった。このあたりも経験の成せる業か。

オーラスで石田が必死に連荘してくるのは明らか。

なるべく2着目の桜川との点差をつけておくために、氷の女王は熱く攻め続けた。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!