黒沢咲、しびれる接戦を差し切り!! TEAM雷電、開幕2連勝で最高のスタートダッシュ!!

黒沢咲、

しびれる接戦を差し切り!!

TEAM雷電、開幕2連勝で

最高のスタートダッシュ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の第2日目、第2戦は黒沢咲TEAM雷電)が、トップを獲得。リーチ合戦が繰り広げられた第2試合。大接戦で迎えたオーラス、ラス親でねばってトップ目に立った瑞原を、魚谷のリーチをかわして差し切った黒沢が、雷電に開幕2連勝をもたらした。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人U-NEXT Pirates瑞原明奈セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして黒沢の4名。

魚谷と黒沢のリーチ合戦、親の魚谷が北家・黒沢の自風牌【北】を掴んで放銃。リーチ・【北】・ドラ1・赤2・ウラ1の12000点で、まずは東3局に黒沢がリード。

次局は黒沢と瑞原のリーチ合戦。黒沢が瑞原にピンフ・ドラ1の5800点を放銃。1本場は魚谷と瑞原のリーチがぶつかり、魚谷が勝利。瑞原から赤1の2600点を奪還。

…とリーチ対決が目立った第2試合、オーラスを4者僅差で迎える。2本場まで積んだ親の瑞原がトップに立つものの、持ち点は2万9200点。黒沢と魚谷はほぼアガリトップに近い点棒状況。

【2マン】【5マン】【8マン】待ちで、6巡目に先制リーチをかけたのは魚谷。ピンフタンヤオのアガれば文句なくトップに駆け上がる。

2巡後にテンパイを入れたのは黒沢。【7ピン】をポンしてタンヤオ【2ピン】【5ピン】【8ピン】待ち。こちらもアガればトップ。

この3メンチャン対決を制したのは、黒沢。3巡後に【8ピン】をツモアガって300・500。

大接戦を制して、萩原に続いてTEAM雷電の開幕2連勝を飾った。

黒沢はインタビューで、

「自分らしく闘えていたんですけど、オーラスに【1ソウ】単騎をアガリ逃したのは精神的にぐっときました。ああいうアガリを逃すとトップを取れないことが多いと思いましたが、マイナス思考になりそうな気持ちを保ちながら打っていました」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 3万400点/+50.4
2着 瑞原明奈・パイレーツ 2万8500点/+8.5
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万3900点/▲16.1
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 1万7200点/▲42.8

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +109.0(2/90)
2位 渋谷ABEMAS +68.5(2/90)
3位 赤坂ドリブンズ +43.5(2/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲2.5(2/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.4(2/90)
6位 EX風林火山 ▲44.3(2/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲67.7(2/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲77.1(2/90)

大和証券 Mリーグ Pirates vs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
U-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電sKONAMI 麻雀格闘倶楽部sセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月5日の対戦はU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電sKONAMI 麻雀格闘倶楽部sセガサミーフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!