萩原聖人、初戦快勝!! 「麻雀を楽しむ」をモチベーションに、面白い麻雀を魅せる!!

萩原聖人、初戦快勝!!

「麻雀を楽しむ」を

モチベーションに、

面白い麻雀を魅せる!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の第2日目、第1戦は萩原聖人TEAM雷電)が、トップを獲得。マンガン級の手が幾度も飛び交う、乱打戦となった第1試合。序盤にリードを築いた小林を、滝沢・萩原が追う展開となり、オーラスにドラアンコをリーチで決めた萩原に軍配が上がった。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典U-NEXT Pirates小林剛セガサミーフェニックス茅森早香、そして萩原の4名。

開局から、親の小林が南家の茅森からダマインパチを直撃。ピンフサンショク・ドラ2・赤1の高め【1ソウ】を仕留め、いきなりの大量リード。

東3局には、カン【6ソウ】待ちのドラ1の手をリーチ・一発・ツモ。マンガンを上乗せして、完全な小林のペース。

と思いきや、小林は次局では北家の萩原にホンイツ【北】・赤1の8000点を放銃。予断を許さぬ展開に。

南2局1本場、メンホン・一気通貫・赤1の3000・6000をツモアガってトップ目に立った滝沢が、南3局2本場ではタンヤオ・赤1の手をリーチ・ツモ。さらに8000点を加点し、トップ目でオーラスへ。

マンガン圏内つけていた萩原が、ドラの【東】を待望のアンコにしてリーチ。【1マン】【4マン】待ちの【4マン】をツモりあげて2000・4000でトップ逆転。

苦しかった昨シーズンを払拭するかのような快勝をあげた。

萩原聖人はインタビューで、

「(トップは)嬉しいですし、楽しかったです。去年、大好きな麻雀が大嫌いになりかけたシーズンだったところから、(小林)剛くんと茅森さんと滝沢くんと(打つ麻雀が)すごく楽しくて、やっぱり麻雀好きだ、Mリーグ楽しいと思った気持ちを持ち続けられれば、今季は大丈夫だと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 3万8600点/+58.6
2着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万3400点/+13.4
3着 小林剛・パイレーツ 2万9000点/▲11.0
4着 茅森早香・フェニックス ▲1000点/▲61.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +68.5(2/90)
2位 TEAM RAIDEN/雷電 +58.6(1/90)
3位 赤坂ドリブンズ +43.5(2/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +13.4(1/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲11.0(1/90)
6位 EX風林火山 ▲44.3(2/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲61.0(1/90)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲67.7(2/90)

大和証券 Mリーグ Pirates vs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
U-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電sKONAMI 麻雀格闘倶楽部sセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月5日の対戦はU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電sKONAMI 麻雀格闘倶楽部sセガサミーフェニックス

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ Pirates vs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!