佐々木寿人、圧巻のワンサイドゲーム!! 今季早くも魔王が覚醒!?

佐々木寿人、圧巻の

ワンサイドゲーム!!

今季早くも

魔王が覚醒!?

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕5日目、第1戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局から東城の親リーチを潰した佐々木が、松本・本田からマンガンを討ち取ってリード。南入前に6万点オーバーを稼ぎ、初戦のラスを払拭する大きなトップを獲た。

第1戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電本田朋広セガサミーフェニックス東城りお、そして佐々木の4名。

東1局、本日デビュー戦の東城が、親で先制リーチをかける。6巡目の【1ソウ】【4ソウ】待ち。これに真っ向対抗したのが西家・佐々木。通っていないドラの【8ピン】を切り飛ばすと、【白】を鳴いて【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】待ちでテンパイ。あっさり【6ソウ】をツモってドラ1の500・1000で、親リーチを潰してしまう。

次局では、佐々木はドラ3・赤1の手から【中】を仕掛けて、勝負に出た親の松本からマンガンを討ち取る。

東3局1本場、佐々木自身の親番では8巡目にタンヤオのカン【7ソウ】待ちの先制リーチ。本田が追いかけリーチを宣言するが、宣言牌が【7ソウ】。なんとウラが3枚の12000。

東4局の本田・佐々木・東城の3軒リーチ対決も、佐々木のツモり勝ち。赤2の2000・4000で6万点オーバーに達し、早々にトップを決めてしまう。

デビュー戦の東城は南場で奮起。南2局、終盤にドラ(【7マン】)にかかる【4マン】【7マン】のノベタンのリーチを打って、見事一発で【7マン】ツモ。ドラ2・赤1・ウラ1の3000・6000。

南3局ではドラ暗刻の手をテンパイ即リーチ。みごとツモりあげて2000・4000。これで2着を決めた。

東場で大暴れした佐々木が、初戦のラスを払拭する大トップ。デビュー戦の東城がプラスの2着で試合を終えた。

佐々木はインタビューで、

「気持ちよかったですね。去年よりもいい成績を納めたいという気持ちでやっておりますので、ファンの方にたくさん喜んでいただけるように、頑張りたいと思います。去年のMVPは伊達じゃないというところをお見せできたんじゃないかと思います。伊達じゃなくて、佐々木だぞ」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 5万6200点/+76.2
2着 東城りお・フェニックス 3万5700点/+15.7
3着 松本吉弘・ABEMAS 9200点/▲30.8
4着 本田朋広・雷電 ▲1100点/▲61.1

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +70.7(5/90)
2位 渋谷ABEMAS +31.5(5/90)
3位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +10.1(4/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲0.3(5/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲38.4(4/90)
7位 EX風林火山 ▲39.1(4/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲55.3(5/90)

大和証券 Mリーグ ABEMASvs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス
マルチアングル放送の詳細はこちら
https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/8yDE58bc2mRTGK

■公式MリーグTwitter

https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

「大和証券 Mリーグ2021」
10月11日の対戦は渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsドリブンズvs雷電vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!