茅森早香、萩原とのデッドヒートに競り勝ち!! 初戦のラスを払拭し、チームは一挙に3位へ浮上!!

茅森早香、萩原との

デッドヒートに競り勝ち!!

初戦のラスを払拭し、

チームは一挙に3位へ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕5日目、第2戦は茅森早香セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。萩原とのデッドヒートを演じた茅森だったが、南2局1本場のリーチ合戦に競り勝ってトップを奪取。第1試合に続き、初戦4位の選手が雪辱を果たす結果となった。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS日向藍子TEAM雷電萩原聖人KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典、そして茅森の4名。

平たい状況で迎えた東4局、親の茅森がピンフタンヤオをリーチでツモって2600オール。これで茅森がアタマ一つ抜ける。

そこに待ったをかけたのが萩原。同1本場でドラ3の手でリーチ。それを茅森がピンフ・ドラ1・赤1の手で追いかける。メンホン・【白】のカン【5ソウ】待ちでヤミテンを入れていた日向が、逡巡の末に親の現物の【赤5ピン】を切ると、萩原に命中。ウラが1枚のって12000。萩原がわずかに茅森をかわしてトップ目に立つ。

南2局は萩原と茅森のリーチ合戦。茅森が萩原に放銃して、リーチ【南】の3900。萩原の開幕2連勝が匂い立つ。

同1本場、萩原・日向・茅森の三つ巴のリーチ合戦に発展。萩原【4ピン】【7ピン】VS日向【1ピン】【4ピン】VS茅森カン【8ソウ】のめくり合い。これを制したのは茅森。イッツー・赤1の手でツモり勝ち、ウラが1枚乗って3000・6000! 萩原を再逆転。

オーラスでは、茅森はピンフタンヤオ・赤1の【5マン】【8マン】待ちをリーチでツモ。4000オールが駄目押しとなって、5万点オーバーの快勝。初戦のラスを補って余りあるトップとなった。

茅森はインタビューで、

「(2戦目トップで)スゴイうれしいです(笑)。ゲストに行ったときに、無表情っていわれたので(表情を)ちょっと出してみました。そこを期待している人もいるみたいなんで(笑)。今回のトップで(トータル)プラスになったと思うので、皆さん安心してください」

と語った。

【Result】
1着 茅森早香・フェニックス 5万2300点/+72.3
2着 萩原聖人・雷電 3万1900点/+11.9
3着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 1万500点/▲29.5
4着 日向藍子・ABEMAS 5300点/▲54.7

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +82.6(6/90)
2位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +10.1(4/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲23.2(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.8(6/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲38.4(4/90)
8位 EX風林火山 ▲39.1(4/90)

大和証券 Mリーグ ABEMASvs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス
マルチアングル放送の詳細はこちら
https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/8yDE58bc2mRTGK

■公式MリーグTwitter

https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

「大和証券 Mリーグ2021」
10月11日の対戦は渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsドリブンズvs雷電vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!