自在の押し引き! プロに負けない稽古量と麻雀愛をひっさげて来たアマチュア最強位・パタ☆ロッソ 麻雀最強戦2021「ファイナル1st」観戦記【C卓】

自在の押し引き!
プロに負けない稽古量と
麻雀愛をひっさげて来た
アマチュア最強位
パタ☆ロッソ

【C卓】担当記者:藤井すみれ 2021年12月11日(土)

今年もついにこの日がやってきた。
サンタの足音が聞こえてくる12月11日、麻雀最強戦2021ファイナルが幕を開けた。
まず今日の1stステージで、16名が4卓に分かれて戦い、上位2名が明日の2ndステージに進出となる。

どの卓を見てもワクワクする選手ばかり。
毎年、最強戦ファイナルを見る度に
「今年も終わりかぁ~」と感慨深い気持ちになるのは、私だけではないだろう。

皆さんはどんな1年でしたか?
筆者は、プロクイーンのベスト16で負けて、王位戦のベスト16も負けた1年でした。そう、どんなタイトル戦も最後に勝つのは1人だけ。
「負けました」「勝った〇〇さんが強かったです」「また来年出られるように頑張ります」
SNSに飛び交う敗者達のツイート。
たくさんの敗者がいるからこそ勝者が輝くのだろう。

予選に引き続きファイナルの観戦記を書かせて頂くことになり、最強戦ファンとして大変光栄に思う。

ファイナルC卓の選手はこちら。

荒正義(あら まさよし)
日本プロ麻雀連盟所属。
男子プロ歴代王者決戦優勝。
著書・獲得タイトル多数。もはや説明不要のレジェンドオブレジェンド。
リーグ戦こそB2リーグに沈んでいるが、本人も言うように「生涯現役」の69歳。
60代最後の歳に2度目の最強位を手にする事ができるか。

川原舞子(かわはら まいこ)
日本プロ麻雀連盟所属。現女流桜花。
女流チャンピオン決戦優勝。
まさにこの日の前日に女流桜花決定戦の2日目を戦っていた。
今までの麻雀人生で一番充実している時だろう。
「終わってしまうのが怖い」そう語った彼女は、物語の続きを描く事ができるだろうか。
変顔ウォッチもしていきたい。

原佑典(はら ゆうすけ)
日本プロ麻雀連盟所属。
全日本プロ選手権優勝。
数年前、指を1本上に立てる「原ポーズ」でひそかなブームを起こしたが、今は雷電ユニバースに煙たがられているかもしれない男。
予選では突然メンゼン清老頭をアガってまさかの優勝。ずるいぞ!
金本実行委員長の注目選手にも選ばれた。
「もっている男」は、最強位ももっていく事ができるのか?

パタ☆ロッソ(ぱた ろっそ)
全国アマチュア最強位。
関西では名の知れた強豪アマチュア選手だという。検索してみたところ、九州最強位の決勝や他のリーグ戦でも名前がチラホラ。これは…「競技麻雀LOVE」「麻雀大好きおじさん」「しかもかなり強い」ことは間違いないだろう。読みにもかなりの自信があるらしい。全アマチュアの☆になれるか。

そして今回の注目ポイントがもう一つ。
最近の最強戦は日吉辰哉が1日実況をつとめることが多かったが、今回はもう1人。
古橋崇志である。
連盟のリーグ戦放送ではおなじみの古橋だが、妻はこのC卓にいる川原舞子

関連記事:【古橋さん(夫)へ】最強戦勝ちました。【文・川原舞子】

家族や恋人の対局ほど見ていて歯痒いものはないが、どのように実況していくか。
古橋の歓喜の絶叫にも期待したい。

「いざ、対決!」
中田花奈のドラの音で、対局がスタートした。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!