憧れの人に届け 鼻先をかすめた雷電・本田朋広の一太刀 【Mリーグ2021観戦記12/21】担当記者:ZERO

【發】を仕掛けた後に、安牌を持たずにこの形をキープし続けたことだ。

正着はさておき、Mリーガーのほとんどが【4マン】を先に処理する手牌である。

【4マン】が全員に危険

【4マン】【6マン】は場に打たれづらい牌(=ポンできない)

といった要素の他に

【4ソウ】【7ソウ】チー打【4マン】のときに待ちが読まれやすくなってしまう

といったデメリットも追加される。

しかし、実際は【4マン】がポンできてギリギリのところでアガリとなり、松本の勝負手を潰すことに成功した。

本田のがむしゃらな攻めが功を奏した結果だが、いずれ咎められてしまうのでは… とも感じた。

その予感はすぐに的中した。

東4局、本田はまたしても積極的に動く。

【東】をポン。形があまりに苦しい。

が、ここから赤やドラをツモってひょいとマンガンをアガれることだってある。

しかし現実は松本の3副露と瑠美のリーチに挟まれてしまう。↓

安牌どころか、通りそうな牌すらない。

迷った本田が切ったのは【5ソウ】

これが瑠美の12000(リーチ・ドラ3)にダイブ。

積極的な姿勢が仇となってしまった。

振り返るとしたら

ここから【9ソウ】を切ったことが悔やまれるか。

【9ソウ】を切ったほうが手は広がるのだが、残した【4ピン】があまりに危険な上、さほど速度上昇に貢献しない。ここで【9ソウ】を残していれば、放銃を回避できたかもしれない。

退路を断つ攻めが相手の勝負手を潰すこともあれば、こうして仇となることもある。

それにしても

今日もダメなのか──

トップ争いをしていたところから一気にラス目まで叩き落され、心に暗雲が立ち込める。

遙か北陸の地で麻雀活動に励んでいた本田は、滝沢和典に憧れてプロになった。

モニターに映る滝沢は、どんな苦しい状況でも顔色1つ変えず、華麗な手さばきでアガリをモノにしていく。

その影響か、本田の牌捌きもきれいで、役満をテンパイしようが痛恨の放銃をしようが表情は一切変わらない。

その憧れの滝沢とMリーグというこれ以上ない大舞台で戦っている。

そして南1局だった。

「ツモ、4000オール」

あなたは今夜も気高く、そして美しい。

なぜかBLっぽい雰囲気になってしまったが、ラス目に落ちた後のダメ押し。

表情こそ変えないが、本田は絶望の淵に立っていたのではないだろうか。

そんな思いで迎えた1本場。

この日は「役牌鳴く?」の選択が非常に多かったのだが…

この2枚目の【白】を鳴くか。

本田は微動だにしない。

ラス目になったことで、迷いが断ち切れた。

この手牌こそ、誰が見たってメンタンピン三色だ。

このスルーから7巡後。

ピンフも三色も叶わなかったが、満足の行く形でリーチを打つことができた。

しかし、

流局。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!