ここに立っていることが恥ずかしい 年末に語った白鳥翔の終わりなき旅路【Mリーグ2021観戦記1/11】担当記者:ZERO

ここに立っていることが

恥ずかしい

年末に語った白鳥翔の

終わりなき旅路

文・ZERO【火曜担当ライター】2022年1月11日

【第1試合】

東家:朝倉康心U-NEXT Pirates
南家:本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)
西家:白鳥翔渋谷ABEMAS
北家:茅森早香セガサミーフェニックス

年末の後悔

「ここに立っているのが恥ずかしいくらい、酷い麻雀を打った」

白鳥は自嘲気味に語った。

12月27日--年の暮れに行われた一戦で、白鳥はトップ目に立ちながら

内川に痛恨のオリ打ち。

「グラグラきた」

と天を仰ぐ白鳥は、次の局

チートイドラ3の超絶勝負手で、オタ風の【北】ではなく風牌の【南】でリーチを打ち、これまた痛恨のアガリ逃しとなる。

「余計なことを考えてしまった」

うつろな表情で語る白鳥。

ライト層の方は、2着なのになんでこんなに辛そうにするのだろう? と感じたかもしれないが、麻雀打ちにとっては「勝ったかどうか」よりも「どう打ったか」が大切なのだ。

どんな局面とも一期一会。

失った点棒も、失わずに済んだ点棒も、二度と戻ることはない。

応援してくれるファンのためにも、メンバーのためにも、そして麻雀打ちとして一生生きていくと決めた自分のためにも、もう無様な姿は晒したくない。

同じ負けるなら、自分の麻雀をぶつけた上での負けを。

新年一発目の登板となる白鳥の心に、逆襲の炎が燃え盛る。

本田との牽制合戦

東2局、親の本田が動く。

この【7ソウ】をチーして打【5ソウ】

イーシャンテンからイーシャンテンへのチーだ。

アガリまでの速度はあまり変わらないように見えるが…

ダブ【東】なので迫力は満点。

本田は敢えて赤を見せることにより、周りを牽制したのだ。

本田の切った【5ソウ】に目をやったのが白鳥だ。

【5ソウ】をチーすればテンパイに取ることができる。

しかし出ていく【4ソウ】があまりに危険。

危険なだけでなく【1ソウ】【4ソウ】待ちでロンされると12000以上が確定してしまう。

(朝倉(対面)の切った【1ソウ】はダブ【東】ポンの前なので「【1ソウ】を鳴いていないこと」はあてにならない)

本田の高打点を蹴りたいのは山々だが…

白鳥は鳴かなかった。

【8ピン】をツモって打【6ソウ】【4ソウ】が出ていかないように固定した。【4ソウ】が危険なだけでなく、自分の手牌には三暗刻四暗刻まである。

【7ピン】をポンし、すぐに2600のアガリ。

結果的に【4ソウ】は本田のアガリ牌ではなかったが、無用なリスクを取らずに親を蹴ることに成功した。

こうして持ってきた親で

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!