日向藍子、乱打戦を制してセミファイナル初勝利!! 安定感抜群のABEMASは早くも安全圏か…!?

日向藍子、乱打戦を制して

セミファイナル初勝利!!

安定感抜群のABEMASは

早くも安全圏か…!?

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の9日目、第2戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。ラス前の親番で6000オールを成就させた日向が、セミファイナル初勝利。ABEMASは約200ポイントを経て、全チーム残り4戦に臨む。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXT Pirates朝倉康心、そして日向の4名。

序盤から勝又と朝倉がそれぞれ12000をツモって、台頭する。ここまで1000点のアガリ1回にとどまった日向。

東4局1本場に【東】【中】と仕掛けた日向は、ドラ1の3900点を勝又からアガって食い下がる。

南1局では朝倉のリーチ・ピンフ・赤2に日向が安全牌に窮して痛恨の放銃となってしまう。

しかし次局には、2副露している朝倉からリーチ・サンショク・赤1のカン【8マン】待ちリーチを直撃。8000点の行って来い。

決定打が出たのが南3局。日向の8巡目先制リーチはピンフ・ドラ1・赤1の【2ピン】【5ピン】待ち。朝倉の追いかけを食らうが、日向が【5ピン】をツモアガリ。さらにウラが1枚の6000オール。日向が朝倉をかわしてトップ目に立つ。

オーラス1本場に、勝又が朝倉とのリーチ合戦を制してハネマンツモ。2着に浮上して試合終了となった。

日向はインタビューで、

「何個かお守りを持ってるんですけど、日清食品さんが出した牌が私ひとつもらえたのが日清食品の”日”、日向の”日”なのかなと思うんですけど、『東』ですね。これをポケットにお守りで入れていたんですけど、これがうれしいラッキーお守りになったんじゃないかと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 3万4200点/+54.2
2着 勝又健志・風林火山 3万3300点/+13.3
3着 朝倉康心・パイレーツ 2万5600点/▲14.4
4着 沢崎誠サクラナイツ 6900点/▲53.1

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +301.8(12/16)
2位 渋谷ABEMAS +199.1(12/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +108.3(12/16)
4位 U-NEXT Pirates +74.8(12/16)
5位 セガサミーフェニックス +74.3(12/16)
6位 EX風林火山 ▲8.3(12/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ9日目

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
4月4日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ9日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!