【神域リーグ第2節観戦記】第四試合 鴨神にゅうvs歌衣メイカvs咲乃もこvs渋谷ハジメ【文・縦鳥千波】

第四試合 鴨神にゅうvs歌衣メイカvs咲乃もこvs渋谷ハジメ

【文・縦鳥千波】

【第五試合】

この日、約二週間前に開始した神域Streamerリーグ(神域リーグ)の第二節が行われた。

第一節では、Sランクの麻雀プロが大暴れもしたし、最下位にもなった。Cランクの選手が未熟ながらもファインプレーを連発したり、トップをとったりもした。ある意味実力通りの結果にはならないという麻雀らしい結果であった。

第二節では、神域リーグ初登場の選手の打ち筋や、前回に引き続き登場する選手の打ち筋の変化、成長に着目したい。

第一節を終えて、チームスコアでは上下に2チームずつ別れた結果になっているが、残り27試合もある。これくらい、1日で変わるということでもある。まだ何も気にするような点差ではないだろう。

東家 前回トップをとって勢いにのっている歌衣メイカ選手
南家 魂天なったばかり!咲乃もこ選手
西家 初出場、試合に向けて麻雀配信をたくさんしてきた渋谷ハジメ選手
北家 こちらも初出場、雀魂北斗戦、日本サーバーチームの選手として優勝した鴨神にゅう選手

Aランクの選手とCランクの選手の対決だ。

【仕掛け合戦】

咲乃選手は七対子の配牌一向聴。

一向聴から二向聴に戻す【8ピン】ポン。役牌が対子のときは、鳴きやすくて打点もあるトイトイが受け入れの狭い七対子より優秀だ。

一方親の歌衣選手。一向聴だが、上家からでた【9マン】でテンパイをとるか。

【9マン】をチーしてテンパイ!親番ドラ1あってリーチは強力だ。
しかし【9マン】が三枚目で、下家や対面が使いやすい真ん中のドラの【4ピン】を打ってきていて速度感を感じる。ここでのテンパイ取りは他の選手との相対速度をよくわかっている鋭い仕掛けだ。

鴨神選手は【發】を切れば受け入れ最大だが、【發】は下家のあたり牌。

發は打たずに【3マン】とした。役牌は下家と対面に危険だが、初牌の残っている役牌が【白】【發】しか残っていない。しかも【白】は自分から2枚見えているため、【發】の危険度はかなり高い。

トイトイでテンパイしていた咲乃選手から、【發】がでて、歌衣選手の5800の大きいあがりとなった。
この試合、歌衣選手の鋭い仕掛けが光る。

【基礎知識が問われる安全度の比較】

上家の親からリーチが入る渋谷選手。手牌には安牌がなく、筋は【3ピン】のみだがあたり牌だ。

渋谷選手は【1マン】を選択。
【3ピン】は筋なので両面にはあたらないが、ペンチャン、カンチャン、シャンポンにあたる可能性がある。
一方【1マン】は両面とシャンポンにしかあたらない上に、【1マン】をフォローする【2マン】が先に切られていて、しかも【2マン】が三枚みえている。そのため両面、シャンポンにもあたりづらい。
渋谷選手がしっかりと麻雀を勉強をしていることがわかる。

【手役をみた手組】

歌衣選手の手牌はバラバラ。8種しかないため、国士無双にもしづらい。

それでも打【6マン】から国士無双に向かった。役満のあがりのがしは罪ということか。
役満への思いを感じたが、そう簡単に役満はでない。

一方、【7マン】を切ると受け入れ最大にうけれる一向聴の鴨神選手。

ここで、世界最強麻雀AIバーチャルYoutuberの選択は打【3ソウ】
【赤5ソウ】やソーズの連続系、789の三色をみた一打。
そもそも、リーチのみの場況の悪い間【4ソウ】になるような受け入れは拒否しても、痛くない。

見事三色完成。しかし【3ピン】【4ピン】の 単騎待ちになってしまう。

鴨神選手の選択は【3ピン】単騎リーチ!
優秀な単騎待ちの候補が、国士無双をやっている人がいることもありそもそも少ない。
また、両面変化する候補も「【5ピン】【8ピン】引き」以外は三色が崩れるかもしれない変化だ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!